コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲野親王 なかのしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲野親王 なかのしんのう

792-867 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の皇子。
延暦(えんりゃく)11年生まれ。母は藤原河子(かし)。中務卿(なかつかさきょう),大宰帥(だざいのそち)などをへて嘉祥(かしょう)3年式部卿,のちふたたび大宰帥となった。寿詞(よごと)や宣命を奏し読誦(どくじゅ)する奏寿宣命の法にすぐれた。娘の班子(はんし)女王は宇多天皇を生んだ。貞観(じょうがん)9年1月17日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲野親王

没年:貞観9.1.17(867.2.25)
生年:延暦11(792)
平安前期の皇族。桓武天皇と藤原大継の娘河子の子。利発で寛大な性格であったといい,藤原緒嗣から伝授された「奏寿宣命の道」(寿詞を奏し宣命を読誦する法)は当時の模範とされ,自邸六条第において藤原基経や大江音人らに伝え習わせたという。弾正台の長官などを経て,嘉祥3(850)年式部卿。生涯に男子14人,娘15人をもうけ,このうち班子女王所生の宇多天皇が即位したことで外祖父となり,没後仁和3(887)年,一品,太政大臣を追贈されている。右京区太秦箕山町にある前方後円墳が墓所(高畠墓)と伝えられているが,明治期に治定されたもので,形状からいっても疑わしい。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかのしんのう【仲野親王】

792‐867(延暦11‐貞観9)
桓武天皇の皇子,母は藤原河子。814年(弘仁5)四品に叙され,827年(天長4)中務卿,ついで大宰帥,弾正尹をへて二品になり,850年(嘉祥3)式部卿,ついで再度大宰帥を歴任した。864年(貞観6)には輦車に乗って宮中に出入することがとくに許された。親王は奏寿宣命の道に秀で,世の模範とされた。その女班子(はんし)女王光孝天皇の女御となり,子定省親王が即位(宇多天皇)したため,外祖として一品太政大臣が贈られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

仲野親王の関連キーワード平氏(へいし)善原内親王桓武平氏源是忠平貞文房世王潔世王平実世当世王秀世王平好風平安典茂世王平惟世輔世王十世王没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android