輦車(読み)れんしゃ

  • ×輦車
  • れんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平安時代以来,特に大内裏の中を貴人を乗せて人力で引く車。宮城門から宮門までの間を乗る。大内裏外の交通は,一般に牛車,乗馬によった。車の乗用を許す宣旨を「輦車の宣旨」という。東宮 (→春宮 ) 以下大臣をはじめ大僧正が乗ることを許され,また女御,一部の更衣にも許された。輦車は,方形屋形に付属する (ながえ) の中央に車をつけ,数人の者が車の前後から轅を持って,手で引き運行させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

てぐるま,輿(こし)車(腰車)とも。轅(ながえ)の中央に車を付け,轅を腰にあてて多人数で引く乗物。平安時代に,特に勅許を得た貴人だけが,参内(さんだい)にあたり,内裏(だいり)の中で乗った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「れんしゃ」とも) 輦に車をつけて前後から轅(ながえ)に手を添えて進行させる乗物。牛車の進入できない宮城内を勅許を得た皇族・摂関・大臣・女御、その他の高官たちが乗用する。てぐるま。輿車。小車。〔新儀式(963頃)〕 〔周礼‐春官・巾車〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の輦車の言及

【車】より

…平安時代になると多くの種類の車がつくられ,皇族・貴族等が乗るようになった。車には牛に引かせる牛車(ぎつしや)と,人の引く輦車(れんしや∥てぐるま)とがある。牛車は人の乗る屋形,輪,車の前に長く伸びる轅,牛につける軛等から成る。…

【車】より

…平安時代になると多くの種類の車がつくられ,皇族・貴族等が乗るようになった。車には牛に引かせる牛車(ぎつしや)と,人の引く輦車(れんしや∥てぐるま)とがある。牛車は人の乗る屋形,輪,車の前に長く伸びる轅,牛につける軛等から成る。…

※「輦車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android