任侠映画(読み)にんきょうえいが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

任侠映画
にんきょうえいが

日本映画の一ジャンル。1960年代から 1970年代前半にかけて,東映の京都撮影所を中心に量産された,やくざを中心とした映画。やくざ映画と同義の場合もあるが,通常は明治から昭和初めを時代背景に,着流し姿の主人公ががまんを重ねて最後に義理人情に駆られてかたき討ちをするという筋書きが多く,現代物は含まない。『人生劇場 飛車角』(1963)が最初とされ,この映画のヒットで東映は低迷していた時代劇(→時代劇映画)から任侠路線に切り替えた。東映では大川博社長と岡田茂京都撮影所所長が俊藤浩滋をプロデューサーに起用,笠原和夫,村尾昭らの脚本家と,石井輝男加藤泰,佐伯清,マキノ雅弘(マキノ雅広),山下耕作らの監督が活躍した。「博徒」「日本侠客伝」「昭和残侠伝」「博奕打ち」「緋牡丹博徒」などのシリーズが大ヒットし,鶴田浩二高倉健,若山富三郎,菅原文太,藤純子(富司純子に改名)などがスターとして大衆や学生から圧倒的な支持を得た。他社では日活の高橋英樹主演「男の紋章」シリーズ,大映の勝新太郎「悪名(あくみょう)」シリーズ,市川雷蔵主演「若親分」シリーズなどがつくられた。任侠路線が飽きられ始めた頃,1973年の東映『仁義なき戦い』(深作欣二監督,菅原文太主演)のヒットとそのシリーズ化で,東映は任侠映画から実録映画へと路線を転換した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

任侠映画の関連情報