コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予万歳 イヨマンザイ

3件 の用語解説(伊予万歳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いよ‐まんざい【×伊予万歳】

民俗芸能の一。愛媛県中部を中心に行われる祝福芸。太夫・才蔵・次郎松に三味線・太鼓の囃子(はやし)がつき、踊り子が出る。扇を多数使って老松を表す「松づくし」や、「お染久松」「忠臣蔵」などの寸劇も演じる。本来は正月のもの

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いよまんざい【伊予万歳】

愛媛県松山地方に伝わる芸能万歳の一種で、祭礼や慶事の余興として、歌・三味線・太鼓・拍子木の伴奏でにぎやかに踊る。曲目に「松づくし」「お染久松」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊予万歳
いよまんざい

愛媛県の松山市一帯に行われている万歳。構成は太夫(たゆう)、才蔵、次郎松(じろまつ)、踊子など10名ほどで、太夫の詞(ことば)・唄(うた)、太鼓、三味線、拍子木によって横隊形式の集団舞踊を演じる。服装は金糸銀糸の縫い取りに鏡片やガラス玉を取り付けた折頭巾(おりずきん)、女物の長襦袢(ながじゅばん)に色襷(いろだすき)、ロングスカート状の袴(はかま)といったはでなものである。由来では、寛永(かんえい)年間(1624~44)に藩祖が桑名(くわな)から転封の際上方(かみがた)の万歳が伝わったものというが、芸態からして願念坊(がんねんぼう)の芸が加味されて成立したものだろう。始めと終わりと、曲の間あいだに才蔵踊が踊られるが、「柱づくし」「豊年踊」「義経(よしつね)千本桜」などの曲がある。たくさんの扇を使って老松(おいまつ)を表す「松づくし」は有名であり、寸劇も演じる。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊予万歳の言及

【万歳】より

…万歳の宮中への参入は大正時代中ごろまであったといい,民間では第2次世界大戦ころまでは盛んであったが,戦後はしだいに衰微し,現在は全国をめぐり歩く万歳の姿はほとんど見かけなくなった。 民俗芸能として地域に残るのは〈尾張万歳〉〈越前万歳〉〈伊予万歳〉などで,〈三河万歳〉〈秋田万歳〉〈加賀万歳〉〈会津万歳〉〈豊後万歳〉は衰微し,〈大和万歳〉〈仙台万歳〉〈津島万歳〉〈伊六万歳〉,沖縄の〈京太郎(ちよんだらあ)〉は廃絶した(京太郎の芸系をひく民俗芸能は現存する)。 万歳は一般には太夫と才蔵の2人が一組になり,太夫が扇をかざし,いろいろとめでたい寿詞(ほぎごと)を言い立て,才蔵が小鼓を打ち囃して合の手を入れる掛合いで進行する。…

※「伊予万歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊予万歳の関連キーワードじゃんがら念仏伊予鬼舞飾山囃子女舞夜神楽かんこ踊郷土芸能浮立本田安次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊予万歳の関連情報