コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤みどり いとうみどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤みどり
いとうみどり

[生]1969.8.13. 愛知,名古屋
フィギュアスケート選手。4歳でアイススケートを始め,山田満知子コーチに才能を見出される。小学校5年生時の 1980年に 4種類の 3回転ジャンプ(→ジャンプ)を武器に全日本選手権大会にデビュー。中学校3年生だった 1985年の全日本選手権シングルに初優勝し,1992年に渡部絵美と並ぶ女子最多の 8連覇を達成。1996年,全日本選手権通算 9回優勝の女子最多記録を樹立した。世界選手権大会は,1984年に初出場して 7位。1989年のパリ大会で,女子選手で初めてトリプルアクセルを跳び,日本人初の金メダルを獲得した。オリンピック冬季競技大会には 2度出場し,1988年のカルガリー・オリンピック冬季競技大会で 5位。1992年のアルベールビル・オリンピック冬季競技大会でトリプルアクセルを成功させ,日本のフィギュアスケート史上初めての表彰台となる銀メダルを獲得した。同オリンピック後にアマチュアからの引退を表明し,プロに転向。だが 1998年の長野オリンピック冬季競技大会を目標として,1995年に再びアマチュアへ復帰。1996年の全日本選手権で復活の優勝を遂げたが,故障もあって再び引退した。その後はアイスショーを中心に活動した。2004年アメリカ合衆国フィギュアスケート協会の世界殿堂入りを果たした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤みどり いとう-みどり

1969- 昭和後期-平成時代のフィギュアスケート選手。
昭和44年8月13日生まれ。12歳の昭和56年から全日本フリーのシングルで5連勝。60年から全日本選手権8連覇。63年カルガリー冬季五輪で5位。女子ではじめて3回転半ジャンプを成功させ,平成元年世界選手権で日本人初の優勝。4年アルベールビル五輪で銀メダルを獲得し,プロに転向した。7年アマに復帰。8年の全日本選手権で優勝。16年世界フィギュアスケート殿堂入り。愛知県出身。東海学園女子短大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤みどり
いとうみどり
(1969― )

フィギュアスケート選手。8月13日生まれ。愛知県名古屋市出身。6歳からフィギュアスケート競技会への参加を開始し、1980年(昭和55)、小学校4年生のときに全日本ジュニア選手権で優勝。同じ年にシニアの全日本選手権で3位となる。難易度の高いジャンプを次々とこなす実力に対し、1984年のオリンピック・サラエボ(サライエボ)大会への出場を期待する声もあがったが、国際スケート連盟が定める出場年齢制限により、出場は果たせなかった。1985年の全日本選手権で初優勝、以後92年(平成4)まで8連覇を達成。1988年(昭和63)のオリンピック・カルガリー大会では5位入賞、同年の愛知県フィギュアスケート選手権で、女子選手として初のトリプルアクセルを成功させる。翌1989年(平成1)、パリで行われた世界選手権で、日本人として初の金メダルを獲得。1992年オリンピック・アルベールビル大会では銀メダルを獲得した。
 1992年にプロスケーターに転向。1993年の世界プロフィギュア選手権や95年のインターナショナル・プロフィギュア選手権に優勝するなど、プロとしても活躍したが、95年アマチュアに復帰。1996年の全日本選手権で九度目の優勝を飾ったのち、同年引退した。1998年のオリンピック・長野大会では聖火台への点火という大役を果たした。2004年には日本人初の世界フィギュアスケート殿堂入りを果たしている。引退後は競技会の解説や、テレビ出演、新聞や雑誌などへの執筆など、フィギュアスケートの普及につとめている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊藤みどりの関連キーワード浅田真央とトリプルアクセル村上佳菜子宇野昌磨小林節子荒川静香

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤みどりの関連情報