コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木月樵 ささきげっしょう

4件 の用語解説(佐々木月樵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木月樵
ささきげっしょう

1875~1926 真宗大谷派の学僧,清沢満之の弟子。真宗大学卒業後,1906年大谷大学教授となる。近代的な仏教を推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木月樵 ささき-げっしょう

1875-1926 明治-大正時代の仏教学者。
明治8年4月13日生まれ。清沢満之(まんし)にまなび,明治34年多田鼎(かなえ)らと浩々洞の機関誌「精神界」を発行。39年母校真宗大(現大谷大)の教授,大正13年大谷大学長となった。大正15年3月6日死去。52歳。愛知県出身。旧姓は山田。著作に「親鸞聖人伝」「支那浄土教史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木月樵

没年:大正15.3.6(1926)
生年:明治8.4.13(1875)
明治大正時代の仏教学者。大谷大学3代学長で,仏教の開放を主張したことで有名。愛知県碧海郡(安城市)願力寺山田才相とつやまの子。明治29(1896)年真宗大学(大谷大学)に入り仏教学を学び,同31年同県佐々木上宮寺に入寺。同33年研究院に進み,清沢満之の浩々洞で雑誌『精神界』編集に携わった。同39年卒業して教授に任用され,大正10(1921)年より沢柳政太郎らと欧州の宗教・教育事情の視察を行い,同13年に大谷大学学長となった。著書は『唯識二十論対訳研究』『支那浄土教史』など。<参考文献>常光浩然『明治の仏教者』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木月樵
ささきげっしょう
(1875―1926)

明治・大正期の真宗大谷派の学僧。明治8年4月13日、愛知県安城(あんじょう)市の願力寺に生まれ、のち岡崎市の上宮(じょうぐう)寺に入って山田姓から佐々木姓に移った。1906年に真宗大学研究院を卒業し、同年同大学教授に就任、仏教教理史および浄土教史を講じた。21年(大正10)にはヨーロッパの宗教と教育事情を視察のため、沢柳政太郎(まさたろう)、小西重直とともに外遊、24年大谷大学長に就任して、従来の閉鎖的な宗学を新しい仏教学として世界にその門戸を開放したが、大正15年3月6日病没した。[舟橋一哉]
『『佐々木月樵全集』全6巻(1973・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐々木月樵の関連キーワード曾我量深山辺習学安藤俊雄江部鴨村大須賀秀道斎藤唯信花田凌雲藤原猶雪山口益吉谷覚寿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone