コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木東洋 ささき とうよう

5件 の用語解説(佐々木東洋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐々木東洋

幕末・明治の医者。江戸生。幕府西洋医学所教授助手・軍艦蟠竜医官を務める。明治八年に大学病院長となるが翌年辞して駿河台に開業。西南戦争には一等軍医正を拝命。内務省中央衛生委員・東京医会会長。大正7年(1918)歿、80才。贈正五位・勲三等瑞宝章

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木東洋 ささき-とうよう

1839-1918 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)10年6月22日生まれ。下総(しもうさ)佐倉(千葉県)の順天堂,のち長崎のポンペにまなぶ。西洋医学所,維新後は大学東校(東大医学部の前身)に勤務。明治14年東京駿河台(するがだい)に杏雲堂(きょううんどう)医院を設立した。大正7年10月9日死去。80歳。江戸出身。著作に「診法要略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木東洋

没年:大正7.10.9(1918)
生年:天保10.6.22(1839.8.1)
幕末明治期の内科医。杏雲堂医院の創立者。無住,師興と号した。江戸本所生まれ。下総国(千葉県)佐倉の順天堂を経て,長崎でポンペに学ぶ。慶応2(1866)年軍艦蟠竜の医官,さらに大学東校(東大)権大助教,内科部長,医学校付属病院長を歴任。この間に死体解剖を行い,西南戦争に志願従軍した。神戸の脚気病院主任(洋方)を経て,明治14(1881)年東京駿河台に杏雲堂医院を設立。順天堂とともに有名医院として知られ,医院は佐々木政吉,佐々木隆興,佐々廉平らに引き継がれ現在に至る。24年東京府医師会会長となり,開業医の学術進歩に尽くす。仏教にも関心が深かった。著書に『診法要略』(1872),訳書に『内科提綱』(1880)がある。

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木東洋
ささきとうよう

[生]天保10(1839).6.22. 江戸
[没]1918.10.9. 東京
医師。佐藤尚中に西洋医学を学び,明治2 (1869) 年,大学東校の職員となり,同5年,尚中とともに辞職して博愛社を開く。 1874~75年,東京府病院副院長。 75~76年,東京医学校第2病院院長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木東洋
ささきとうよう
(1839―1918)

医学者。天保(てんぽう)10年江戸・本所(ほんじょ)に、漢医佐々木震沢の長男として生まれる。1856年(安政3)下総(しもうさ)国佐倉の佐藤泰然(たいぜん)の門に入って医学を修め、1860年(万延1)佐藤尚中(しょうちゅう)に従って長崎に遊学した。1862年(文久2)江戸に帰り、西洋医学所の教授助手となる。1870年(明治3)大学東校の少助教、翌1871年大助教となって、内科教師ホフマンTheodor Eduard Hoffmann(1837―1894)のもとで医長を務めた。1875年大学病院長となったが、翌1876年、官を辞して神田駿河台(するがだい)に開業した。1878年脚気(かっけ)病院の設立とともにその主任となり、1880年同病院が廃止となったとき、その患者を収容するために私立病院を開設した。これが杏雲堂(きょううんどう)病院の前身である。1886年内務省中央衛生委員を命ぜられた。大正7年10月11日没。東京・谷中(やなか)の天王寺に葬られる。[深瀬泰旦]
『上原益藏著『佐々木東洋先生略伝』(1930・私家版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐々木東洋の言及

【佐々木隆興】より

…05年ドイツに私費留学,はじめシュトラスブルク大学で生化学を,ついでベルリン大学に移って有機化学,実験病理学,内科学を学び,10年帰国。13年京都帝国大学医科大学第一内科講座教授となったが,16年辞し,伯父で養祖父の佐々木東洋が創設した東京の杏雲堂病院の3代目院長となり,41年まで診療に従事。1939年財団法人佐々木研究所を設立し,所長兼理事長となり,また癌研究所長,結核研究所長を歴任した。…

※「佐々木東洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々木東洋の関連キーワード雲堂内科医旧飯田医院阿久津三郎荒井恒雄佐々木政吉高木兼二松山棟庵山田鉄蔵メーラー=バーロー病

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone