独立独歩(読み)ドクリツドッポ

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐どっぽ〔‐ドクポ〕【独立独歩】

他人にたよらず、自分の信じるところに従って行動すること。独立独行。「独立独歩の精神」
他に並ぶもののないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくりつどっぽ【独立独歩】

独立して他から支配も影響も受けずに自分の思うとおりにやること。独立独行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どくりつ‐どっぽ ‥ドクホ【独立独歩】

〘名〙 (形動)
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「人間万事無頓着と覚悟を定(き)めて、唯独立独歩(ドクリツドッポ)と安心決定したから」
② 他と異なる、はっきりした特色をもっていて、同じに扱えないこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独立独歩の関連情報