コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田岬半島 さだみさきはんとう

7件 の用語解説(佐田岬半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐田岬半島
さだみさきはんとう

愛媛県西部,宇和海伊予灘を分かつ半島で,速吸瀬戸 (豊予海峡) を挟んで大分県に対する。東西約 40km。伊方町に属する。北側にリアス海岸をもち,入江,岬,岩礁,暗礁などが多い。平地に乏しいが,階段状の耕地がみられ,柑橘類の栽培,沿岸漁業,養殖漁業が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さだみさき‐はんとう〔‐ハンタウ〕【佐田岬半島】

愛媛県北西部に細長く突き出た半島。中央構造線に沿って西南西に約40キロメートル、最大幅6.4キロメートル、最小幅0.8キロメートルの半島。瀬戸内海伊予灘宇和海を分けている。ミカン栽培と漁業が盛ん。西部の三崎(みさき)海岸は亜熱帯植物アコウの北限地。半島先端の佐田岬灯台周辺は瀬戸内海国立公園に属する。三崎半島

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐田岬半島【さだみさきはんとう】

愛媛県西部に細長く突出する半島。先端は佐田岬。平地がほとんどなく,海岸は出入りの多い沈降海岸。西端に近い集落は漁業が主,東部では山腹の段々畑でナツミカンを中心にサツマイモなどを栽培。
→関連項目伊方[町]瀬戸[町]保内[町]三崎[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さだみさきはんとう【佐田岬半島】

愛媛県西部,豊予海峡(速吸(はやすい)瀬戸)に突出した全長40kmの半島。三崎半島ともいう。古来〈三崎十三里〉といわれ,日本一狭長な半島として有名である。頸部は西宇和郡伊方町,中央部は瀬戸町,西部は三崎町で,3町の面積は約95km2。半島の先端,豊予海峡に望む佐田岬は海上交通の要衝で,第2次大戦中まで要塞地帯であった。岬端付近には岩礁が多く,その一つ黄金碆(おうごんばえ)は海の難所として知られる。地質は三波川変成岩よりなり,各所に含銅硫化鉄鉱床を含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さだみさきはんとう【佐田岬半島】

愛媛県西部、八幡浜から西に40キロメートル 突出した半島。北の伊予灘、南の宇和海を分ける。先端は佐田岬。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕佐田岬半島(さだみさきはんとう)


愛媛県西部に細長く突き出た半島。伊予灘(いよなだ)と宇和(うわ)海とを分け、西の速吸瀬戸(はやすいせと)に向かって約40km延びる。半島先端の佐田岬と大分県佐賀関(さがのせき)半島の関(せき)崎との間は約13kmで、三崎港と佐賀関港間を国道九四(こくどうきゅう)フェリーが運航する。半島両岸には海食崖(かいしょくがい)が発達、南岸はとくに出入りの激しいリアス式海岸が断続する。佐田岬沖は黄金碆(おうごんばえ)などの暗礁があり海の難所として知られる。全域に段畑が多く、ナツミカンなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。海岸はアワビ・サザエ・ウニなどが豊富。北岸に四国電力伊方(いかた)原子力発電所がある。伊方町三崎の亜熱帯植物アコウは国の天然記念物に指定。一帯は佐田岬半島宇和海県立自然公園。半島先端は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐田岬半島
さだみさきはんとう

愛媛県西部に突き出た半島。中央構造線に沿って西南西に約40キロメートル、最大幅6.4キロメートル、最小幅0.8キロメートルの細長い半島で、瀬戸内海の伊予灘(いよなだ)と豊後(ぶんご)水道の宇和海をくぎっている。半島の頸部(けいぶ)は西宇和郡伊方(いかた)町、中央部は瀬戸町、西部が三崎町となっていたが、3町は2005年(平成17)に合併したため、現在は半島全域が伊方町に属する。面積は約95平方キロメートル、人口約1万1000(2010)。
 半島の地質は古生代三波川(さんばがわ)系結晶片岩類からなり、北側はいくつかの胴切り断層があり、それに沿って独特の海食崖(がい)と海岸線をなし、南側はリアス式海岸である。海岸近くには碆(ばえ)とよばれる隠顕岩礁が数多くあり、水産資源の宝庫である。とくに佐田岬先端の黄金(おうごん)碆は海中で硫化銅が輝くことで有名。三崎海岸にはアコウの老大木があり、亜熱帯樹の生育北限となっている。佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定され、半島の先端の佐田岬灯台周辺は瀬戸内海国立公園に含まれている。三机(みつくえ)湾では第二次世界大戦中特殊潜航艇の訓練が行われた。伊方町九町(くちょう)には四国電力の伊方原子力発電所がある。国道197号(佐田岬メロディーライン)が半島の先の三崎まで延びていて、さらに三崎港からは大分県の佐賀関と別府を結ぶフェリーが就航している。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐田岬半島の関連情報