コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤昌介

3件 の用語解説(佐藤昌介の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐藤昌介

1856(安政3)年、盛岡藩士の長男に生まれた。76年、札幌農学校開校時に第1期生として入学。卒業後、米国留学を経て、札幌農学校教授。1919年北海道帝国大学(現北大)初代総長に就任し、30年まで11年間務めた。39年に死去。

(2006-05-11 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤昌介 さとう-しょうすけ

1856-1939 明治-昭和時代前期の農業経済学者。
安政3年11月24日生まれ。佐藤昌蔵の長男。札幌農学校1期生としてクラークの教えをうける。アメリカに留学後,札幌農学校教授,校長などをへて,大正7年北海道帝大初代学長。「北大育ての親」といわれる。昭和14年6月5日死去。84歳。陸奥(むつ)花巻(岩手県)出身。著作に「世界農業史論」(共著)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤昌介
さとうしょうすけ
(1856―1939)

農業経済学者。北海道帝国大学初代総長。南部藩士佐藤昌蔵(しょうぞう)の長男として陸奥(むつ)国(岩手県)花巻(はなまき)に生まれる。幼名謙太郎。父昌蔵はのちに代議士として活躍したキリスト者であった。1876年(明治9)札幌農学校1期生として入学、教頭クラークから学問的、宗教的な薫陶を受けメソジスト教会に所属。卒業後開拓使御用掛に奉職、83年アメリカに留学、農政学を専攻する。帰国後、札幌農学校教授、校長を経て、1918年(大正7)北海道帝国大学初代総長となり、30年(昭和5)退任。札幌農学校の廃校論や財政的危機と闘いながら同校の発展に尽力、「北大育ての親」といわれる。著書に『世界農業史』などがある。1899年創立の北海道農会の初代会長、また北海道庁に種々の献策を行った。[船津 功]
『中島九郎著『佐藤昌介』(1966・川崎書店新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐藤昌介の言及

【大農論】より

…具体的には広大な未開発地を有する北海道を管轄する開拓使の農事試験機関や札幌農学校などで実験や教育が行われた。この主張が現実に社会的な意味をもつにいたったのは,1880年代後半から90年代にかけてであり,1886年に北海道を視察した井上馨やマックス・フェスカがこれを主張したこと,88年札幌農学校教授佐藤昌介が《大農論》を著したことなどがそのきっかけとなった。佐藤は北海道においては30~60町歩の規模をもつ粗放経営が適当であるとした。…

※「佐藤昌介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

佐藤昌介の関連キーワード結城寅寿ミシンネアンデルタール人原子元素バーバリー広瀬淡窓と咸宜園ノーフォーク島の歴史浅井忠足代弘訓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤昌介の関連情報