体質心理学(読み)たいしつしんりがく(英語表記)constitutional psychology

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体質心理学
たいしつしんりがく
constitutional psychology

個人が生まれながらにしてもっている形態的・機能的な身体的要因を研究する心理学の一分野。1940年にアメリカの心理学者シェルドンWilliam Herbert Sheldon(1899―1977)は体質心理学を主題とした本『The varieties of human physique』を著しているが、現在では素質、気質、形質などを包括した性格と関連づけて言及されることが多い。体質とは身体の資質であり、この資質には形態的資質―体型(形質)、機能的資質―生理的・病的反応特徴(素質)、精神的資質―気質・性格・知能(気質)といったものが分類されている。その意味で、体質は「すべての精神的・身体的な人間の資質の総和である」と定義することができる。[山崎勝男]

クレッチマーの学説

ドイツの精神医学者E・クレッチマー(主著『体格と性格』Krperbau und Charakter 1921)は、内因性精神病の各病型と体型との関係から、さらに性格の領域まで広範な研究を行った。彼の体質診断基準である、やせ型(細長型)、太り型(肥満型)、筋骨型(闘士型)の特徴は以下のとおりである。
(1)やせ型(細長型) 縦の長さの発育に対して、横の厚みの発育が劣る。体重、太さ、幅がそれぞれ少ない。皮膚乾燥。貧血性。筋の発達不良。胸部長扁平(へんぺい)。季肋弓(きろくきゅう)鋭角。腹部脂肪蓄積が少ない。腹囲、胸囲小。繊細な肩甲骨(けんこうこつ)
(2)太り型(肥満型) 頭蓋(ずがい)、腹腔(ふくくう)、胸腔の周囲が大。体躯(たいく)の脂肪蓄積が豊富。運動器官は比較的弱い。ずんぐりしていて首は短大。柔軟な広い顔。四肢は丸みを帯びる。皮膚は柔らかい。
(3)筋骨型(闘士型) 骨格、筋、皮膚の強度の発達。身長は平均または大。広く厚い肩と胸。充実した躯幹腹部。長・大・強・直な首。手足は大きく強い。
 また、内因性精神病と体型との関係では、統合失調症とやせ型、そううつ病と太り型との強い親和性が指摘されている。彼は患者の病前性格や近親者の性格を調べ、患者の遺伝圏内にある性格傾向を、それぞれ内閉性気質、循環性気質、粘着性気質と名づけ正常者への適用も試みた。気質の主要な特徴は以下のとおりである。[山崎勝男]
気質の主要な特徴
〔1〕内閉性気質 (1)非社交的、もの静か、内気、きまじめ、変わり者。(2)臆病(おくびょう)、恥ずかしがり、敏感、傷つきやすい、神経質、興奮しやすい、自然あるいは書物を友とする。(3)従順、お人よし、温和、無関心、鈍感、愚鈍。
〔2〕循環性気質 (1)社交的、善良、親切、温厚。(2)明朗、ユーモアに富む、活発、激しやすい。(3)口数が少ない、平静、陰気、気が弱い。
〔3〕粘着性気質 (1)固執性、熱中性、几帳面(きちょうめん)、秩序を好む。(2)ものの考え方の回りくどさ、テンポが遅い、融通が効かない、人にていねい。(3)爆発的に怒る、かたくなに意見を主張する。
 この3気質は体型と親和性があり、内閉性気質はやせ型、循環性気質は太り型、粘着性気質は筋骨型と対応する。[山崎勝男]

シェルドンの学説

シェルドンは、正常人を対象に身体部分の17か所の測定値と身長の比を統計的に分析し以下の3類型を明らかにした。
(1)内胚葉(ないはいよう)型 内胚葉を起源とする消化器官の発達がよく、柔らかく肥満体。
(2)中胚葉型 中胚葉を起源とする筋、骨の発達がよく、角張った、がっちりした体格。
(3)外胚葉型 外胚葉を起源とする皮膚組織、感覚器官、神経組織の発達がよく、弱々しい体格。
 内胚葉型はクレッチマーの太り型、中胚葉型は筋骨型、外胚葉型はやせ型に該当している。この体型分類に対応する性格特性は以下のとおりである。[山崎勝男]
性格特性
(1)内臓型性格(内臓緊張型気質) 安楽、緩慢、貪欲(どんよく)、社交的、寛容、自己満足など。
(2)身体型性格(身体緊張型気質) 粗い動作姿勢、精力的、運動好き、権力欲、大胆率直、荒々しい攻撃性、苦痛への強さ。
(3)頭脳型性格(頭脳緊張型気質) 堅い動作姿勢、尚早反応、引っ込み思案、過敏心配性、表出抑制、社交嫌い、苦痛への弱さ。
 このように、内胚葉型は内臓型性格と、中胚葉型は身体型性格と、さらに外胚葉型は頭脳型性格とそれぞれ高く相関している。また体型を介してクレッチマーの気質との対応関係も指摘されている。[山崎勝男]
『エルンスト・クレッチメル著、相場均訳『体格と性格』(1960・文光堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android