コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引声 いんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引声
いんぜい

日本音楽の用語。 (1) 天台声明における演奏形式の一種。主として序曲といわれる非拍節リズムの曲にはテンポ墨譜1つずつの旋律長短によって長音 (ちょういん) ,引声,短声,切音 (きりごえ) などの分類があるが,引声は声をかなり長く引伸し,さまざまな装飾をつけて歌ううたい方をいう。『短声阿弥陀経』に対して,最も引伸した特別のものを『引声阿弥陀経』という。 (2) 「論義」における唱法の一つで,「ひきごえ」とも読む。一音節を長く保って,明瞭に唱えるもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐じょう〔‐ジヤウ〕【引声】

いんぜい(引声)

いん‐ぜい【引声】

阿弥陀仏の名号(みょうごう)や経文などを、高低・緩急などの曲節をつけて唱えること。いんぜ。いんじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんじょう【引声】

〔「しょう」は呉音〕
高低・伸縮を加えた声で念仏・経文・偈頌げじゆなどを唱えること。 〔円仁が中国からもたらしたもので、天台宗では「いんぜい」と漢音で読むが、後に浄土宗などでは「いんじょう」と読む〕

いんぜい【引声】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

引声の関連キーワード光明寺(神奈川県)例時作法摩多羅神阿弥陀仏引声念仏信徳丸光明寺十夜呉音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android