引声(読み)いんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引声
いんぜい

日本音楽の用語。 (1) 天台声明における演奏形式の一種。主として序曲といわれる非拍節リズムの曲にはテンポ墨譜1つずつの旋律長短によって長音 (ちょういん) ,引声,短声,切音 (きりごえ) などの分類があるが,引声は声をかなり長く引伸し,さまざまな装飾をつけて歌ううたい方をいう。『短声阿弥陀経』に対して,最も引伸した特別のものを『引声阿弥陀経』という。 (2) 「論義」における唱法の一つで,「ひきごえ」とも読む。一音節を長く保って,明瞭に唱えるもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いんじょう【引声】

〔「しょう」は呉音〕
高低・伸縮を加えた声で念仏・経文・偈頌げじゆなどを唱えること。 〔円仁が中国からもたらしたもので、天台宗では「いんぜい」と漢音で読むが、後に浄土宗などでは「いんじょう」と読む〕

いんぜい【引声】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引声の関連情報