便殿(読み)ビンデン

精選版 日本国語大辞典の解説

びん‐でん【便殿】

〘名〙 (「便」はくつろぐ意) 行幸先で、天皇、皇族が休息するために設けられた部屋。べんでん。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「陛下の便殿(ビンデン)に入らせ給へる後に従って」

べん‐でん【便殿】

〘名〙 天皇・皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃が行幸啓先で休息するために設けられた部屋。また、貴人などの休息のために建てられた御殿。びんでん。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉六月暦「御車寄より便殿(ベンデン)に入御あらせらる」 〔呉志‐三嗣主伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

便殿の関連情報