コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信士 シンシ

デジタル大辞泉の解説

しん‐し【信士】

信義に厚い人。
信仰の厚い人。
しんじ(信士)

しん‐じ【信士】

仏語。
仏法に帰依して受戒した在家の男子。優婆塞(うばそく)。清信士。
男子の戒名の下に付ける称号の一。→信女(しんにょ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんし【信士】

信仰の厚い人。信者。 「波羅特士但プロテスタント教の-なれども/西国立志編 正直

しんじ【信士】

〔「しんし」とも〕
〘仏〙
在俗の男子仏教徒。清信士。優婆塞うばそく。信男。
男子の戒名の末尾に添える語の一。 → 信女しんによ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信士
しんじ

優婆塞」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の信士の言及

【戒名】より

… これでわかるように,戒名は本来は生前に仏教に帰依して優婆塞(うばそく),優婆夷(うばい),または沙弥,沙弥尼の戒律を受けたとき付けるべきものである。これを逆修(ぎやくしゆう)戒名というが,これを表すものが居士(こじ),大姉(だいし),信士,信女などの位号と呼ぶものである。これは生前に受戒入道して仏道修行をしたという意味である。…

【信士・信女】より

…在俗の男女で仏教に帰依したもの。信士はサンスクリットのupāsaka(優婆塞(うばそく)),信女はupāsikā(優婆夷(うばい))の訳。入信のとき五戒を受け,戒名が与えられるが,その戒名の下に信士・信女の称号をつけ,篤信者であることをあらわす。…

※「信士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

信士の関連キーワード神・伸・侵・信・呻・唇・娠・宸・寝・寢・審・心・愼・慎・振・斟・新・晨・森・津・浸・深・滲・申・疹・眞・真・神・箴・紳・臣・薪・親・診・賑・身・辛・辰・進・針・鍼・震春風亭柳枝(初代)下和田村治左衛門総合無線通信士全日本海員組合警急自動受信機優婆塞・優婆夷A. アヒジョ赤穂浪士一覧牧の徳右衛門航空機乗組員士官学校事件オペレーター信士・信女信士・信女航空従事者増田与兵衛無線通信士喜多川歌麿中沢浅之丞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信士の関連情報