コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽花 ぎかpseudanthium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偽花
ぎか
pseudanthium

多数の花の集合,すなわち花序が全体として1個の花のようにみえるもの。トウダイグサの杯状花 (花序) では,花軸包葉から成る壺状の構造の中に,退化した雄花雌花が集る。キク科では,舌状花と管状花,あるいは管状花のみが集合して,偽花となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐か〔‐クワ〕【偽花】

1個以上の花軸をもつ花序であるが、まとまって1個の花のように見えるもの。ヒマワリ頭状花など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎか【偽花】

小花が集まり一つの花序をなしているが、外見が一個の花に似た形態を示すもの。キク科の頭状花序、トウダイグサ科の壺状花序など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偽花
ぎか

真正の花のほかに包葉などが加わったり、いくつかの花が集まったりして1個の花のようにみえるもの。たとえばブーゲンビレアでは、目だたない花が色づいた大きな3枚の包葉に囲まれて全体が1個の花にみえる。また、ヒマワリのようなキク科植物では、頭状花序全体が1個の花に、総包葉が萼(がく)に、周囲の舌状花が花弁にみえる。トウダイグサ属の杯状花序、イネ科やカヤツリグサ科の小穂(しょうすい)も偽花の一種である。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

偽花の関連キーワードトウダイグサ科