コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催涙ガス さいるいガス tear gas

翻訳|tear gas

6件 の用語解説(催涙ガスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

催涙ガス
さいるいガス
tear gas

毒ガスの一種。涙腺を刺激して一時的に視界を奪い,行動を不能にする。クロロアセトフェノン CN系とオルトクロロベンツァルマロノニトリル CS系の2種類が多く使用される。嘔吐剤 (DMガス) とともに,攪乱剤あるいは無能力化剤と呼ばれ,致死剤 (Gガス) などとは区別されて,窒息性ガス,毒性ガスまたはこれに属するガスの使用を禁止したジュネーブ議定書 (1925) の適用は受けないと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいるい‐ガス【催涙ガス】

毒ガスの一種。涙腺を刺激して涙を催させるもの。クロロアセトフェノンなどを使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

催涙ガス【さいるいガス】

涙腺刺激によって催涙効果をもたらす化学兵器。クロルアセトフェノンC6H5COCH2Cl(記号CN)は一時性で,涙で流したり中和剤を使用すれば傷を残すことはなく,防毒マスクをかぶれば影響は受けない。
→関連項目毒ガス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいるいガス【催涙ガス tear gas】

刺激剤に分類される化学兵器の一種。鼻孔や目に侵入してきわめて不快な刺激を嗅覚器や涙腺に与える一方,流涙などの生理的排除機構や洗眼,中和剤の使用などで除去すれば傷害を残すことがなく,防毒マスクを装着すれば被害を受けることがないという理由で,暴動の規制のために放射したり,手投げ弾に詰めて投げる方法で使用されている。主として気化しやすい白色粉末であるクロルアセトフェノン(米軍略号CN。以下同じ)が用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいるいガス【催涙ガス】

涙腺を刺激したり、目に痛みを生じさせたりする効果のある毒ガスの総称。化学的に合成した CN ガス、赤唐辛子から抽出した OC ガスなどがある。護身や暴徒鎮圧などに用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

催涙ガス
さいるいがす
tear gas

毒ガスの一種で、黄褐色固体のクロロアセトフェノン(CN)や白色結晶固体のクロロベンジデリンマロノニトリル(CS)などの化学物質がそのおもなもの。これらの物質を散布すると、人間の涙腺(るいせん)や嗅覚(きゅうかく)細胞に微量に触れるだけで、人間の行動に障害を生じる。しかし高濃度でなければ致死作用に及ばないので、非致死性化学兵器であるとの理由で、化学戦に使用したり、大衆行動鎮圧のために治安当局が手榴(しゅりゅう)弾や放水車によって散布使用することもある。[和気 朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の催涙ガスの言及

【化学兵器】より

…CNは各国警察が暴動規制に,CSはアメリカ軍がベトナム戦争で使用した。ともに催涙ガスと呼ばれ,第1次大戦で使用されたヒ素を含むアダムサイト(DM),ジフェニルクロロアルシン(DC)など嘔吐を起こさせる嘔吐ガスとともに刺激剤である。幻覚などの精神異常を起こさせる精神剤では3‐キヌクリジニルベンジレート(BZ)がアメリカ陸軍に採用されている。…

※「催涙ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

催涙ガスの関連キーワード化学兵器化学兵器禁止条約遺棄化学兵器科学兵器生物化学兵器バイナリー兵器無塩酸症化学兵器禁止条約(CWC)シリアの化学兵器化学兵器禁止機関(OPCW)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

催涙ガスの関連情報