償う(読み)ツグナウ

デジタル大辞泉「償う」の解説

つぐな・う〔つぐなふ〕【償う】

[動ワ五(ハ四)]《「つぐのう」の音変化》
金品を出して、負債や相手に与えた損失の補いをする。弁償する。「修理代を—・う」
犯した罪などに対して、金品や行為でうめ合わせをする。「わびても—・えない過ち
[可能]つぐなえる
[類語]賠償補償弁償代償報償損料見返り

つぐの・う〔つぐのふ〕【償う】

[動ワ五(ハ四)]《古くは「つくのう」》「つぐなう」に同じ。
借財が出来ると、親戚故旧をして—・わしめ」〈鴎外渋江抽斎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android