コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元代美術 げんだいびじゅつ

1件 の用語解説(元代美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんだいびじゅつ【元代美術】

塞外よりおこったモンゴル族に支配された元時代(1271‐1368)約100年は,美術の各分野に,前代と相違したさまざまな変化が現れた時期である。書画の世界に登場する復古主義,工芸とくに陶磁器の分野に出現する青花(染付),五彩(赤絵)などに代表される器形・装飾両面での新たな動向などは,その顕著な例である。しかし,この時代の美術のとらえ方が,書画では〈宋元〉,工芸では〈明清〉とひとくくりにされるように,各ジャンルは,その顔を別の方向に向けていると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元代美術の関連キーワード韃靼モンゴル語モンゴル帝国モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区鄂爾多斯蒙古奇想天外より落つボトリオコッカス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone