コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元代美術 げんだいびじゅつ

1件 の用語解説(元代美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんだいびじゅつ【元代美術】

塞外よりおこったモンゴル族に支配された元時代(1271‐1368)約100年は,美術の各分野に,前代と相違したさまざまな変化が現れた時期である。書画の世界に登場する復古主義,工芸とくに陶磁器の分野に出現する青花(染付),五彩(赤絵)などに代表される器形・装飾両面での新たな動向などは,その顕著な例である。しかし,この時代の美術のとらえ方が,書画では〈宋元〉,工芸では〈明清〉とひとくくりにされるように,各ジャンルは,その顔を別の方向に向けていると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone