コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先勝 せんかち

大辞林 第三版の解説

せんかち【先勝】

せんしょう【先勝】

( 名 ) スル
何回戦か行う試合で、最初に勝つこと。 「五番勝負で-する」
六曜の一。急用や訴訟などによいとされ、早く事を行うのがよく、午前は吉、午後は凶という日。先勝日。せんかち。さきがち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐しょう【先勝】

[名](スル)
何回も行う試合で、まず最初に勝つこと。「日本シリーズに先勝する」
暦注六曜の一。万事急ぐをよしとし、午前を吉、午後を凶とする日。先勝日。せんかち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

先勝【せんしょう】

六曜の一つ。急用訴訟などに幸運とされる。旧暦正月・7月の1,7,13,19,25日。2・8月の6,12,18,24,晦日。3・9月の5,11,17,23,29日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先勝
せんしょう

陰陽道(おんみょうどう)の六曜日の一つ。「せんかち」ともいう。この日は勝負ごと、訴訟や急用などに運がよいとされ、早い時刻ほどよく、午後は凶になるなどの俗信がある。旧暦1月と7月の1・7・13・19・25日、2月と8月の6・12・18・24・みそか、3月と9月の5・11・17・23・29日、4月と10月の4・10・16・22・28日、5月と11月の3・9・15・21・27日、6月と12月の2・8・14・20・26日である。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の先勝の言及

【六曜】より

…暦注の一種で,日の吉凶をみるのに使われる。六曜星の略で,六輝ともいい,先勝(せんしよう∥せんかち),友引(ともびき),先負(せんぶ∥せんまけ),仏滅(ぶつめつ),大安(たいあん),赤口(しやつく∥しやつこう)の6星を,順番どおり旧暦各月の朔日に配当し,正月・7月は先勝,2月・8月は友引,3月・9月は先負,4月・10月は仏滅,5月・11月は大安,6月・12月は赤口として,2日以下は六曜の順序に従って機械的に充当する。起源は,中国唐代の暦算学者,李淳風の《六壬時課(ろくじんじか)》とされ,日本には室町時代初期ごろに伝わり,小六壬(しようろくじん)といわれ,大安,留連(りゆうれん),速喜(そくき),赤口,将吉,空亡(くうぼう)の六つで時刻の占いであった。…

※「先勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

先勝の関連キーワード日本バスケットボールリーグワールドシリーズへの道のりアメリカズカップワールドシリーズ東京六大学野球隠岐の古典相撲日本シリーズNBAJBL先勝ち先負蘭蝶友引

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先勝の関連情報