コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光則寺 コウソクジ

2件 の用語解説(光則寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうそく‐じ〔クワウソク‐〕【光則寺】

神奈川県鎌倉市長谷にある日蓮宗の寺。山号は行持山。日蓮竜ノ口法難ののち、北条時頼の家臣宿屋光則が帰依して自邸を寺として寄進したもの。開山は日朗

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光則寺
こうそくじ

神奈川県鎌倉市長谷(はせ)にある日蓮(にちれん)宗の寺。行時(ぎょうじ)山と号する。本尊は一塔両尊四士と日蓮上人(しょうにん)像。日蓮が1271年(文永8)に竜口(たつのくち)法難で捕らえられたとき、弟子日朗(にちろう)らは北条時頼(ときより)家臣宿屋(宿谷)光則(やどやみつのり)に預けられた。光則はその後日蓮に帰依(きえ)するとともに、日朗に自邸を寄進して寺とし、父の名行時を山号、自分の名光則を寺号としたという。現本堂は1650年(慶安3)再建のもの。境内には日朗らが入れられていたと伝える土牢(つちろう)がある。[水谷 類]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光則寺の関連キーワード極楽寺本門寺竜口寺高徳院安国論寺光触寺浄智寺杉本寺本覚寺本圀寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光則寺の関連情報