コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光則寺 コウソクジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光則寺
こうそくじ

神奈川県鎌倉市長谷(はせ)にある日蓮(にちれん)宗の寺。行時(ぎょうじ)山と号する。本尊は一塔両尊四士と日蓮上人(しょうにん)像。日蓮が1271年(文永8)に竜口(たつのくち)法難で捕らえられたとき、弟子日朗(にちろう)らは北条時頼(ときより)家臣宿屋(宿谷)光則(やどやみつのり)に預けられた。光則はその後日蓮に帰依(きえ)するとともに、日朗に自邸を寄進して寺とし、父の名行時を山号、自分の名光則を寺号としたという。現本堂は1650年(慶安3)再建のもの。境内には日朗らが入れられていたと伝える土牢(つちろう)がある。[水谷 類]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

光則寺の関連キーワード神奈川県鎌倉市長谷水谷

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android