コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日朗 にちろう

7件 の用語解説(日朗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日朗
にちろう

[生]寛元3(1245)頃.下総
[没]元応2(1320).武蔵
鎌倉時代日蓮宗の僧,六老僧の一人。 12歳で日蓮の弟子となった。日蓮の没後,身延山に正法院を営み,池上本門寺にある後の照栄院で没した。主著『本迹見聞』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にちろう〔ニチラウ〕【日朗】

[1243~1320]鎌倉時代の日蓮宗の僧。下総(しもうさ)の人。六老僧の一人。号、筑後房。通称、大国阿闍梨(あじゃり)。早くから日蓮に随侍し、のち鎌倉妙本寺・武蔵池上本門寺の主。多くの門弟を育てた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日朗 にちろう

1245-1320 鎌倉時代の僧。
寛元3年4月8日生まれ。日蓮門下六老僧のひとり。日朗門流の祖。はやくから日蓮に師事し,文永8年迫害をうけて投獄された。鎌倉妙本寺,武蔵(むさし)池上(東京都)本門寺,下総(しもうさ)平賀(千葉県)本土寺を拠点として関東に布教を展開した。元応2年1月21日死去。76歳。下総野手(千葉県)出身。俗姓は平賀。字(あざな)は大国。通称は大国阿闍梨(あじゃり),筑後房。号は正法院。著作に「本迹(ほんじゃく)見聞」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日朗

没年:元応2.1.21(1320.3.1)
生年:寛元3.4.8(1245.5.5)
鎌倉後期の日蓮宗の僧。筑後房,大国阿闍梨とも呼ばれた。若くして日蓮門下に投じ,以後常に日蓮に付きそった。文永8(1271)年の日蓮佐渡流罪の際には,鎌倉幕府によって鎌倉の土牢につながれた。その身の上を案じて送られた日蓮からの書簡(土籠御書)が現存している。六老僧のひとり。鎌倉比企谷に妙本寺を建立,関東日蓮門流の中心としての位置を占めた。また日蓮七年忌の正応1(1288)年ごろ,日蓮終焉の地の武蔵国(東京)池上に日蓮御影堂を造立した(池上本門寺)。<参考文献>高木豊『日蓮とその門弟』

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にちろう【日朗】

1245‐1320(寛元3‐元応2)
鎌倉時代の日蓮宗の僧。日蓮の直弟。下総国野手(千葉県)に生まれ,平賀氏の出身と伝える。1254年(建長6)10歳で日蓮の弟子となり,筑後房,のちに大国阿闍梨(あじやり)と称した。1271年(文永8)の日蓮とその門弟への弾圧のおりには逮捕禁錮された。82年(弘安5)日蓮は本弟子として6人(六老僧)を指定したが,日朗もその一人に加えられた。日蓮の信奉者であった武蔵池上の池上氏と親しく,日蓮は池上氏の館で没したが,この地にやがて本門寺が創建され,日朗はこれを主管して,鎌倉比企谷(ひきがやつ)の妙本寺とともに,東国に師の教えを広める拠点とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にちろう【日朗】

1243~1320) 鎌倉時代の日蓮宗の僧。六老僧の一人。号は筑後房。通称、大国阿闍梨。下総しもうさの人。日蓮の死後、池上の本門寺、鎌倉の妙本寺を中心に教勢拡大。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日朗
にちろう
(1245―1320)

鎌倉時代の日蓮(にちれん)宗の僧。日蓮六老僧の第二位。筑後房(ちくごぼう)、筑後殿とよばれ、大国阿闍梨(だいこくあじゃり)と称される。下総(しもうさ)(千葉県)能手(ので)の人。叔父日昭の縁で1254年(建長6)入門、以後師のもとを離れないで給仕し、日蓮佐渡(さど)配流のときは鎌倉長谷(はせ)の土牢(つちろう)(いまの光則(こうそく)寺)に投獄された。師孝第一と称される。日蓮身延(みのぶ)入山後は長老の日昭とともに鎌倉にとどまって松葉谷(まつばがやつ)の草庵(そうあん)を管掌し、また鎌倉比企谷(ひきがやつ)に妙本寺、武蔵(むさし)国(東京都)池上に本門寺を創立した。また、平賀(ひらが)(千葉県松戸市)の本土(ほんど)寺の開山に迎えられたが、自らは行かず、弟子の日伝を赴かせた。弟子の教育に努めて多くの人材(朗門の九鳳(くほう))を輩出したが、なかでも日像(にちぞう)は日蓮門下として初めて京都へ進出した。教団の護持、発展に尽くした功績は六老中第一。『五時系図』『玄旨御本尊添状(げんしごほんぞんそえじょう)』などの著作がある。[浅井円道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日朗の言及

【本門寺】より

…おそらく,池上氏の館内にあった法華堂を,日蓮示寂の場として寺院化していったものと考えられる。日蓮の直弟日朗も池上氏と親しく,日蓮の七年忌のころには別当と称しているところからすれば,この堂宇の主管者であったであろう。一方,日朗は,鎌倉比企谷(ひきがやつ)の房舎を寺院化した長興山妙本寺に在住,これを弘通(ぐつう)と門弟育成の拠点としたので,本門・妙本両寺を主管したことになり,日朗以後も両寺一貫首(かんず)(住持)制がとられて近世にいたる。…

※「日朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日朗の関連キーワード日華本覚寺日頂久保田日亀国府尼御前富木常忍日源日妙尼日昭妙一尼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日朗の関連情報