光陰矢の如し(読み)こういんやのごとし

ことわざを知る辞典「光陰矢の如し」の解説

光陰矢の如し

月日の過ぎていくのは、飛ぶのように早い。歳月のたつのが早いことのたとえ。

[使用例] 私に閑が来ず、光陰矢のごとくにして、私は五十になり、六十になり、戦争になった[斎藤茂吉*筆|1949]

〔英語〕Time flies.(時は飛ぶ)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「光陰矢の如し」の解説

こういん【光陰】 矢(や)の如(ごと)

月日の過ぎるのは、飛ぶ矢のように早い。月日のたつのが早いことのたとえ。
※曾我物語(南北朝頃)七「くゎうゐん矢のごとし、かふりょく、はや七歳にぞなりにける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「光陰矢の如し」の解説

光陰こういんごと

月日のたつのが早いたとえ。
[類語]白駒はっくげきを過ぐるが如しげきを過ぐるが如し歳月流るる如し歳月人を待たず時は人を待たずこま足掻あが

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android