コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児物語 ちごものがたり

2件 の用語解説(児物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児物語
ちごものがたり

中世,仏教の隆盛期につくられた,僧侶 (ときに公家,武家) と稚児 (ちご) との関係を描いた作品をいう。稚児物語とも書く。男色物の一種。『上野君消息 (こうずけのきみしょうそく) 』『児草子 (ちごのそうし) 』『秋の夜の長物語』『あしびき』『幻夢物語』『嵯峨物語』『鳥部山物語』『松帆浦物語』『弁の草紙』などがあり,大田南畝編『児物語部類』に多く収められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児物語
ちごものがたり

御伽草子(おとぎぞうし)における、僧院の稚児(ちご)をめぐる恋愛物語の総称。中世の寺院・僧房は女性の立ち入りが禁止されていたが、これにかわって僧侶(そうりょ)の身の回りの世話や、仏を祀(まつ)るための諸事の行いは年少の男子に任されていた。その結果、僧侶と稚児との、あるいは稚児同士の、また稚児と寺院外の女性との恋愛がしばしば生じた。これを素材として宗教的要素を濃くして、幻想的にかつ悲劇的に物語化したものである。稚児は理想化された美しさで描かれ、いわば神仏の化身のように取り扱われている。中世の流行語の「一児二山王」は、現実と物語世界のいずれにもおける僧侶の稚児に対する憧憬(しょうけい)敬重を物語ることばといえよう。また鎌倉時代までの説話集にみる僧侶とその弟子の種々の説話や、民間伝承の昔話にみる「和尚(おしょう)と小僧」型の笑話もこの児物語の成立に関与していた。『嵯峨(さが)物語』の序文には天竺(てんじく)、唐土、本朝の男色の例が掲げられているが、そのほかの作品に、『上野君消息(こうずけのきみしょうそく)』『秋の夜(よ)の長物語』『あしびき』『幻夢物語』『鳥部山物語』『松帆浦(まつほのうら)物語』『弁(べん)の草紙(そうし)』『花みつ』『ちごいま』『稚児観音(かんのん)縁起』などがある。[徳田和夫]
『市古貞次著『中世小説の研究』(1955・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児物語の言及

【秋の夜の長物語】より

…《太平記》の文章をふまえながら,漢語,仏語を多用し,和歌の言葉をちりばめた練達の文体。《幻夢物語》《鳥部山物語》など,南北朝,室町時代の〈児(ちご)物語〉と呼ばれる一群の作品の典型であり,源流である。【森 正人】。…

※「児物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児物語の関連キーワードサイレンセスター道士祭司小乗経祖師中浜円通寺ビンテージカーサンバンダルスンダラル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone