コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入会漁場 いりあいぎょじょう

世界大百科事典 第2版の解説

いりあいぎょじょう【入会漁場】

漁場には私有で特定個人の独占していたものもあったが,古くから多くの漁民が入り会って占有利用してきたものが少なくなかった。そのような漁場が入会漁場である。ただし江戸時代から一般に地先海面は地元漁村の漁場であるが,その沖合海面は入会で,だれに対しても自由ということになっており,特定の占有利用権の成立していない漁場であった。そのような漁場も広い意味の入会漁場に含まれるであろうが,普通,入会漁場とは特定の占有利用権が成立している入会漁場を指すと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の入会漁場の言及

【百姓網】より

…近世の漁村では農村同様,百姓身分の構成に変りはないが,宇和島藩,吉田藩にみられる百姓網は漁業年貢,諸役を負担し,村の地先漁場を占有利用する浦方百姓のうち,網を世襲的に持っている村役人を除く他の漁民に,臨時的に許可された網漁経営である。それは,漁村にあって漁場占有利用権の弱い小漁民が行う小網漁で,旅網(たびあみ)にも開放された村地先の一部入会漁場で,特権的網漁の間隙に共同網,村網として操業された。百姓網の存在は,中世肥前国小値賀(おぢか)・浦部両島の地頭職青方氏の文書にみえるほど古い(応永7年(1400)〈篤等連署押書状案〉)。…

※「入会漁場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入会漁場の関連キーワード江戸内湾四十四ヶ浦会合以西底引網漁業総百姓共有漁場漁業制度百姓網

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android