コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親村 おやむら

3件 の用語解説(親村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親村
おやむら

新田の開発や集落の移動などで新しくできた子村に対して,その出身地である古村をさし,母村,本村 (ほんむら) ともいう。親村は主として自然発生的集落で,多くは集落の立地条件としての地形,水利などに恵まれた地域に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おや‐むら【親村】

おやごう(親郷)」に同じ。⇔枝村

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親村
おやむら

江戸時代、子村分出の母体となった村落。母村(ははむら)、本村(ほんむら)ともいう。新田開発は海岸、湖沼などの干拓地、低湿地、台地上などに対して行われたが、古くから開かれた周囲の本村から開発地に分かれ出た子村は、神社の氏子関係や菩提(ぼだい)寺も親村と同一で、村落共同体としての意識のうえでも親村と深いかかわりがあった。当初は名主も親村名主が兼務し子村に対して支配的な関係にあったが、漸次子村が自立し、親村からの離脱を深めた。[中田榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親村の関連キーワード原地形鉱山集落新田集落炭鉱集落集落遺跡新版親郷できた できた できた集落支援員川口新田

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone