入我我入(読み)にゅうががにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入我我入
にゅうががにゅう

秘密仏教の用語。瞑想法によって,瞑想の対象である釈尊や菩薩のすべての働きが修行者自身に入り込み,また修行者のすべての働きが対象である仏陀や菩薩に入り込んで,修行者と仏陀や菩薩とが一体となること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうががにゅう【入我我入】

〘仏〙 密教の観法で、如来の身・口・意の三つのはたらきが自分の中にはいりこむと同時に、自分の身・口・意のはたらきが如来の中にはいり込み、両者が一体となること。また、そのように観ずること。三平等観。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅうが‐がにゅう ニフガガニフ【入我我入】

〘名〙
仏語。密教で、仏の三密(身・口・意の三業)のはたらきが行者の身に入り、行者の三業が如来に入って、仏の三密と行者の三業が一体になること。また、その観法。仏と我とが一体になる境地をいう。〔秘蔵記(835頃か)〕
② (形動) 転じて、どっちつかずのこと。どちらとも解されること。また、入りまじって何が何やらわからないさま。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)中「姫が逃たやら此方が逃したやら、にうががにうに方便(てだて)をめぐらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android