入我我入(読み)にゅうががにゅう

  • にゅうががにゅう ニフガガニフ
  • にゅうががにゅう〔ニフガガニフ〕

大辞林 第三版の解説

密教の観法で、如来の身・口・意の三つのはたらきが自分の中にはいりこむと同時に、自分の身・口・意のはたらきが如来の中にはいり込み、両者が一体となること。また、そのように観ずること。三平等観。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 仏語。密教で、仏の三密(身・口・意の三業)のはたらきが行者の身に入り、行者の三業が如来に入って、仏の三密と行者の三業が一体になること。また、その観法。仏と我とが一体になる境地をいう。〔秘蔵記(835頃か)〕
② (形動) 転じて、どっちつかずのこと。どちらとも解されること。また、入りまじって何が何やらわからないさま。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)中「姫が逃たやら此方が逃したやら、にうががにうに方便(てだて)をめぐらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android