コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全ドイツ連盟 ぜんドイツれんめいAlldeutscher Verband

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全ドイツ連盟
ぜんドイツれんめい
Alldeutscher Verband

汎ゲルマン主義を代表するドイツの右翼団体。ビスマルク失脚後の「新航路」における対英妥協に反対して 1894年結成。軍人,政治家,実業家などの有力メンバーをもち,かつてビスマルクを支持した国民自由党右派と密接になった。ドイツ人の国家意識を鼓舞,帝国主義的対外政策を要求,排外主義的で,政府の「軟弱」外交を攻撃。第1次世界大戦中は膨張的併合政策を唱えた。大戦後解散したが,その主張は右翼政党が継承,ナチスに結実した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全ドイツ連盟
ぜんどいつれんめい
Alldeutscher Verband

ドイツの急進的国粋主義団体。1890年英独間の植民地交換協定に抗議して結成され、94年以降この名称となった。人種論的汎(はん)ゲルマン主義を唱え、国内の民主的改革に反対しつつ、アフリカでの植民地帝国の建設、中欧でのドイツの覇権の確立を要求した。大衆組織ではなかったが、教師層や言論界に支持者をもち、工業界や軍部などともつながり、世論形成に大きな役割を演じた。対外強硬策を主張して政府をしばしば攻撃したことで知られ、その主張や反ユダヤ主義は他の右翼団体、国粋主義団体にも影響を与えている。第一次世界大戦中は大併合計画を掲げて主戦派の先頭にたち、ワイマール共和国下でも反共和勢力の一翼を担った。1939年解散。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の全ドイツ連盟の言及

【パン・ゲルマン主義】より

…これは二つの系列として現れ,一つは,ハプスブルク帝国(オーストリア・ハンガリー二重帝国)下でドイツ系住民を基盤とするシェーネラーGeorg von Schönerer(1842‐1921)を指導者とする運動で,スラブ系諸民族の台頭やユダヤ人の進出に反対しドイツ民族の優位を説いて,帝国の解体とドイツとの合体を掲げるもので,青年期のヒトラーに影響を与えたことで知られる。もう一つは,1890年ごろドイツに現れ,94年に形を整えた全ドイツ連盟Alldeutscher Verbandをその中心的担い手とする運動である。狭義には,パン・ゲルマン主義はこの系列を指すことが多い。…

※「全ドイツ連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone