コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全米ライフル協会 ぜんべいらいふるきょうかいNational Rifle Association

知恵蔵の解説

全米ライフル協会

アメリカ合衆国における、市民の銃所持についての権利を保護することを目指す同国有数の圧力団体。バージニア州に本部を置き、略称はNRA。「銃は人を殺さない。人が人を殺す」をスローガンに、市民が銃を持って武装し自己を守ることは、その権利であると主張している。400万人以上という会員数を背景に、銃器メーカーや販売店などの法人会員から多額の資金を得てロビー活動を活発に行っている。
NRAは、南北戦争後の1871年に射撃訓練を行う団体として設立された。これ以降、長きにわたって協会の主眼は射撃技術の向上にあった。しかし1960年代に米国での銃犯罪が急増し銃規制の世論が高まると、同協会はこれに反対する候補者を支えるロビー活動を開始。莫大(ばくだい)な資金を投じて急激に組織を拡大し、保守的傾向の強い共和党右派とのつながりを深めた。81年のレーガン大統領暗殺未遂事件を契機とした、銃器購入を規制するブレイディ法(1993年制定)施行後には強硬論が台頭。「市民が武装しなければ『バッジをつけたクリントン政権の殺し屋共』(警察)に、あらゆる権利が奪われる」などと激越な主張を繰り返した。その後、反政府的色彩が強まって、穏健な会員からの反発を招き路線を転換。5年間の時限立法だったブレイディ法が延長(2004年失効)を迎えた1998年から2003年までは、映画俳優チャールトン・ヘストンが会長に着任した。この時期には議会活動やメディアを積極的に利用して支持を広げ、第43代ブッシュ(ジュニア)大統領就任にも大きな貢献をしたと伝えられる。
現在の同協会は、「規律ある民兵団は、自由な国家の安全にとって必要であるから、国民が武器を保有し携行する権利は、侵してはならない」という、人民の武装権を定めた合衆国憲法修正条項が、銃規制反対の根拠であるとしている。市民社会に向けて、女性の恐怖心をあおり銃所持を促すポスターや、著名人が笑顔で銃を掲げる広告などによる宣伝活動を活発に展開。南部や中西部、山岳部で、子どもたちに実弾入りのライフルを持たせ、小動物を狙撃させるサマーキャンプなども開催し、銃器所持の浸透と拡大を図っている。12年12月、コネティカット州の小学校での銃乱射事件で児童ら26人が射殺された際には、「責任はホラー映画やゲームにあり、銃を所持した悪人の行為を止められるのは、銃を持った善人だけだ」などと主張して、非難を浴びた。

(金谷俊秀  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全米ライフル協会
ぜんべいらいふるきょうかい
National Rifle Association

略称NRA。銃製造業者や銃の愛好家の団体で、会員数は約360万人。南北戦争から帰った兵士が組織し、当初はスポーツハンティングなどの愛好者団体だったが、1970年代より政治団体として突出。銃規制の動きに反対して、議会に年間6000万ドルの献金を行い、銃砲規制法(ブレイディ法案)を何度も廃案に追い込むなど、「全米最強のロビイスト」とよばれた。しかし、92年の日本人留学生射殺事件などを経て銃規制機運はアメリカ国内でかつてなく高まり、NRAへの批判も高まりつつある。93年11月、再提出されたブレイディ法案が成立。さらに攻撃用銃器19種類の製造・所持の10年間禁止などを盛り込んだアメリカ犯罪対策法も94年8月に成立した。これに対し、94年11月の中間選挙で共和党が上下両院を制したことに力を得たNRAは、ロビー活動を強化、95年3月には、銃規制の撤廃を最優先課題とする下院議長ギングリッチが自動小銃の販売禁止解除を求める法案を投票に持ち込み、可決に成功した。しかし、5月にはNRAの長年の会員である元大統領G・H・W・ブッシュが、同会のあまりに過激な政府批判に嫌気を示し脱会するなど、一時の勢いにややかげりをみせた。一方、98年6月、副会長で俳優のチャールトン・ヘストンが会長に就任し話題を集めた(2003辞任)。[源 一秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

全米ライフル協会の関連キーワードバージニア工科大学銃乱射事件マイケル ムーアサラ ペイリン米国と銃社会米国の銃規制ライフル銃犯罪防止法米国と銃

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全米ライフル協会の関連情報