渾身(読み)コンシン

デジタル大辞泉 「渾身」の意味・読み・例文・類語

こん‐しん【×渾身】

《「渾」は、すべての意》からだ全体。全身満身。「渾身の力を振り絞って抵抗する」
[類語]全身満身総身そうしん総身そうみ五体肢体からだたい身体しんたい肉体体躯たいく図体ずうたい人身じんしん人体生体ボディー肉塊ししむら骨身懸命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「渾身」の意味・読み・例文・類語

こん‐しん【渾身】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「渾」はすべての意 ) からだ全体。全身。満身。
    1. [初出の実例]「三蔵学者の凡夫なる、いかでか国師の渾身をしらん」(出典:正法眼蔵(1231‐53)佗心通)
    2. [その他の文献]〔桃花扇‐沈江〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「渾身」の読み・字形・画数・意味

【渾身】こんしん

満身。全身。唐・杜鶴〔蚕婦〕詩 (すべ)て無く、色加ふ 豈に知らんや、人の世に榮るを 年年我に(かひこ)の辛(い)ふ 底事(なにごと)ぞ、渾身に(ちよま)を着る

字通「渾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android