渾身(読み)こんしん

精選版 日本国語大辞典「渾身」の解説

こん‐しん【渾身】

〘名〙 (「」はすべての意) からだ全体。全身満身
※正法眼蔵(1231‐53)佗心通「三蔵学者の凡夫なる、いかでか国師の渾身をしらん」 〔桃花扇‐沈江〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「渾身」の解説

こん‐しん【×渾身】

《「渾」は、すべての意》からだ全体。全身。満身。「渾身の力を振り絞って抵抗する」
[類語]全身満身総身そうしん総身そうみ五体肢体からだたい身体しんたい肉体体躯たいく図体ずうたい人身じんしん人体生体ボディー肉塊ししむら骨身懸命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「渾身」の解説

【渾身】こんしん

満身。全身。唐・杜鶴〔蚕婦 (すべ)て無く、色加ふ に知らんや、人のに榮るを 年年(かひこ)の(い)ふ 底事(なにごと)ぞ、渾身に(ちよま)を着る

字通「渾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android