コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八森 はちもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八森
はちもり

秋田県北西端,八峰町北西部の旧町域。日本海に面する。北は青森県に接する。 1954年八森村と岩館村が合体して町制。 2006年峰浜村と合体して八峰町となった。白神山地が海岸近くまで迫り,岩館の海岸は海岸段丘が発達,奇岩怪石の多い海食風景は八森岩館県立自然公園,真瀬川の渓流地域は秋田白神県立自然公園に指定されている。地域の中心をなす八森と岩館は漁港で,県内の漁業の一中心地。かつては八森油田があり,石油や天然ガスが採掘されていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八森
はちもり

秋田県北西端、山本郡にあった旧町名(八森町(まち))。現在は山本郡八峰(はっぽう)町の北半分を占める地域。青森県に接し、日本海に臨む。旧八森町は、1954年(昭和29)八森、岩館(いわだて)の2村が合併して町制施行。2006年(平成18)峰浜村と合併して、八峰町となった。JR五能(ごのう)線、国道101号が通じる。1464年(寛正5)真瀬(ませ)川上流に銀鉱を発見、寛永(かんえい)年間(1624~1644)には銀山奉行(ぶぎょう)が支配し、院内銀山に次ぐ銀山として栄えたが、以後産銀は激減。1906年(明治39)創業の八盛(はっせい)(のち発盛)鉱業所も当時従業員2000人を数えたが、その後銅精錬に変わった。八森、岩館の漁港はハタハタ漁などで知られ、海岸一帯は八森岩館県立自然公園に指定されている。1993年に後背の白神山地が世界遺産に登録され、秋田白神県立自然公園にもなっている。[宮崎禮次郎]
『『八森町史』(1976・八森町) ▽『八森町誌』2巻(1989、2004・八森町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八森の関連キーワード秋田県山本郡八峰町八森三十釜青森県西津軽郡深浦町深浦秋田県由利本荘市矢島町城(軍事的構築物)秋田県山本郡八峰町八幡(山形県)八森山スキー場里木 佐甫良堂の前遺跡秋田(県)城輪柵遺跡八森[町]八森〈町〉八峰[町]八峰(町)八戸根城ハタハタ八森海岸日沼頼夫八森好香

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八森の関連情報