八森(読み)はちもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八森
はちもり

秋田県北西端,八峰町北西部の旧町域。日本海に面する。北は青森県に接する。 1954年八森村と岩館村が合体して町制。 2006年峰浜村と合体して八峰町となった。白神山地が海岸近くまで迫り,岩館の海岸は海岸段丘が発達,奇岩怪石の多い海食風景は八森岩館県立自然公園,真瀬川の渓流地域は秋田白神県立自然公園に指定されている。地域の中心をなす八森と岩館は漁港で,県内の漁業の一中心地。かつては八森油田があり,石油や天然ガスが採掘されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八森
はちもり

秋田県北西端、山本郡にあった旧町名(八森町(まち))。現在は山本郡八峰(はっぽう)町の北半分を占める地域。青森県に接し、日本海に臨む。旧八森町は、1954年(昭和29)八森、岩館(いわだて)の2村が合併して町制施行。2006年(平成18)峰浜村と合併して、八峰町となった。JR五能(ごのう)線、国道101号が通じる。1464年(寛正5)真瀬(ませ)川上流に銀鉱を発見、寛永(かんえい)年間(1624~1644)には銀山奉行(ぶぎょう)が支配し、院内銀山に次ぐ銀山として栄えたが、以後産銀は激減。1906年(明治39)創業の八盛(はっせい)(のち発盛)鉱業所も当時従業員2000人を数えたが、その後銅精錬に変わった。八森、岩館の漁港はハタハタ漁などで知られ、海岸一帯は八森岩館県立自然公園に指定されている。1993年に後背の白神山地が世界遺産に登録され、秋田白神県立自然公園にもなっている。[宮崎禮次郎]
『『八森町史』(1976・八森町) ▽『八森町誌』2巻(1989、2004・八森町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八森の関連情報