コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰浜 みねはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

峰浜
みねはま

秋田県北西部,八峰町南東部の旧村域。日本海に面する。東と南は能代市に接し,南西部は能代平野の一部をなす。 1955年塙川村と沢目村が合体して峰浜村が成立。 2006年八森町と合体して八峰町となった。米作が主で,キャベツなどの野菜栽培も行なわれる。北部の一部は秋田白神県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰浜
みねはま

秋田県北西部、山本郡にあった旧村名(峰浜村(むら))。現在は八峰(はっぽう)町の南部から東部を占める地域。日本海に面する。旧峰浜村は、1955年(昭和30)沢目(さわめ)、塙川(はなわかわ)の2村が合併して成立。2006年(平成18)八森(はちもり)町と合併して八峰町となった。JR五能(ごのう)線、国道101号が通じる。地域の大部分は白神(しらかみ)山地で占められ、塙川、水沢川流域に水田がある。米単作農業で、海岸の砂丘ではナシ、メロンなどの栽培が行われる。シイタケの生産も増加している。大正から昭和初期にかけては、北海道や樺太(からふと)(サハリン)へ年間約1000人の季節労働者が渡った。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

峰浜の関連情報