八王子[市](読み)はちおうじ

百科事典マイペディアの解説

八王子[市]【はちおうじ】

東京都西部の市。1917年市制。関東山地の東麓,八王子盆地と周辺の山地を占める。面積は東京の市で最大。中心市街は中世以来の城下町,江戸時代に甲州道中宿場町,多摩地区の経済中心として発展。関東五大機業地の一つとして古くから機業が盛んであったが,最近は電気,機械,食品や精密機械の工場が増加している。丘陵部は1960年代からめじろ台などの住宅地化や,中央大学東京都立大学(現,首都大学東京)などの大学の進出が著しい。市南東部は多摩ニュータウンに含まれる。中央本線,横浜線,八高線,京王電鉄,中央自動車道,圏央道が通じ,八王子駅周辺はデパートや大手スーパーが集中し,さらに開発,整備が進められている。高尾山,陣馬(場)山,武蔵陵などの行楽地がある。車人形が伝わる。186.38km2。58万53人(2010)。
→関連項目大山街道高尾[駅]八王子織物八王子千人同心船木田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちおうじ【八王子[市]】

東京都西部の市。1917年市制。人口50万3363(1995)。多摩丘陵西端部と加住(かすみ)丘陵に囲まれた八王子盆地を中心とし,市街地は盆地中央を流れる浅川南岸の段丘上に発達する。かつては谷口集落で,八王子権現社があって,その別当神護寺(神宮寺)にちなみ神護寺村と称したが,のち八王子村と改称。江戸時代には甲州道中の宿場町,市場町としてにぎわった。江戸後期から生糸・織物(八王子織物)の町としての名を高め,明治期には関東の五大機業地の一つに数えられるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の八王子[市]の言及

【東京[都]】より

…内陸部でも昭和初期に武蔵野,三鷹,田無(たなし)を中心に航空機などを中心とする新しい軍需関連の工業が興り,戦時中に府中,立川,昭島,日野にまで拡大した。戦後の60年以降,首都圏整備計画の一環として八王子・日野地区,青梅・羽村・福生(ふつさ)地区に電気,機械,自動車などの近代工業が導入され,新しい工業地帯が形成されている。八王子市の絹織物や青梅市の夜具地生産の伝統工業があり,戦後一時好況期を迎えたが,その後停滞・縮小の状態にある。…

【船木田荘】より

…武蔵国多西郡の浅川流域(現,八王子市および日野市の一部)にあった荘園。九条家領のちに東福寺領となる。…

※「八王子[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android