コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山街道 おおやまかいどう

3件 の用語解説(大山街道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大山街道
おおやまかいどう

神奈川県丹沢山地南東にそびえる大山の阿夫利神社への参詣者が利用したすべての道筋の総称。阿夫利神社江戸時代に広く関東,東海一円の人々,特に農民の信仰を集めた。柏尾 (戸塚宿の北) から長後,用田,門沢橋経由,羽鳥 (藤沢宿の西) から寒川神社,田村,伊勢原経由,日本橋から青山,二子,溝口,江田,長津田下鶴間,厚木経由 (矢倉沢往還とも呼ぶ) ,小田原から二宮,泰野経由,東京板橋清水坂上から練馬,田無,八王子経由でそれぞれ大山にいたるものが主要な道筋。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大山街道【おおやまかいどう】

相模大山の山頂に鎮座する大山阿夫利(おおやまあふり)神社(現神奈川県伊勢原市)への参詣道で,さまざまな道筋がある。江戸からは東海道と矢倉沢(やぐらさわ)街道(往還)が多く利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまかいどう【大山街道】

江戸時代,相模大山阿夫利神社に至る街道をいい,その数は多い。江戸からは矢倉沢街道により,溝ノ口,下鶴間,厚木などをへて伊勢原から大山の門前坂本に至る大山街道を利用するものが多く,途中八八坂七曲りの難所がある。今でも渋谷から玉川通り国道246号線に大山街道の名を残している。そのほかには,東海道柏尾から岡津,用田(ようた),門沢などをへるもの,他は藤沢宿の西,羽鳥で東海道に分かれ一ノ宮,田村などをへて伊勢原に達する大山街道がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山街道の関連情報