コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八王子千人同心 はちおうじせんにんどうしん

百科事典マイペディアの解説

八王子千人同心【はちおうじせんにんどうしん】

江戸時代の郷士(ごうし)集団で,江戸防衛に従事した。1590年徳川氏の関東入国に伴い,代官頭(がしら)大久保長安(ながやす)のもとで甲斐(かい)武田氏旧臣である小人頭(こびとがしら)を中核として同心250人が編成され,翌年に500人,1600年には1組100人ずつの10組で1000人に拡充されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちおうじせんにんどうしん【八王子千人同心】

江戸時代,武蔵国多摩郡八王子に在住の千人頭を中心に周辺農村に土着した郷士の集団。幕末には八王子千人隊と称した。1590年(天正18)徳川氏の関東入国を契機に代官頭大久保長安のもとで甲斐武田旧臣の小人頭(こびとがしら)9人を中核に構成された。当初同心250人,翌91年には小人頭10人となり500人に増加,1600年(慶長5)に1組100人ずつ10組,計1000人に拡充され,千人頭のもとに統率された。甲斐国境の警備と治安維持を任務とし,江戸防衛に当たった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八王子千人同心
はちおうじせんにんどうしん

江戸時代、武蔵(むさし)国多摩(たま)郡八王子(東京都八王子市)の周辺に土着していた千人頭(がしら)を中心とした郷士の集団。1590年(天正18)徳川氏の関東入国を機に甲斐(かい)の武田旧臣小人頭(こびとがしら)を中核に構成され、甲州の国境警備と治安維持の任にあたった。初め250人、ついで500人となり、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いを機として100人ずつ10組、計1000人に拡大され、10人の千人頭(旗本)の統率下にあった。老中支配から槍奉行(やりぶぎょう)支配下に置かれ、千人頭は200~500石の知行地(ちぎょうち)を与えられ、平(ひら)同心は13俵一人扶持(ぶち)が給され、平時は在村し本百姓(ほんびゃくしょう)として農耕に従事し、幕府の一朝有事の際に備えた。1652年(承応1)以降幕末まで日光勤番(火消役(ひけしやく))を勤め、寛政(かんせい)(1789~1801)、安政(あんせい)期(1854~60)には一部が蝦夷地(えぞち)開拓にあたった。同心、組頭は知識人が多く、日光や八王子周辺の地方文化や産業発達に寄与し、幕末には講武所(こうぶしょ)奉行の支配下に入り、1866年(慶応2)には陸軍奉行並(なみ)の下にあって八王子千人隊と改称した。第二次長州征伐などに随行したが、幕府滅亡とともに解散し、駿府(すんぷ)方面に移住するか、江戸近郊の多摩地域で土着帰農化した。[村上 直]
『村上直編『八王子千人同心史料』(1975・雄山閣出版) ▽村上直編『江戸幕府千人同心史料』(1982・文献出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八王子千人同心の関連キーワード東京都八王子市追分町東京都八王子市八王子千人組八王子[市]苫小牧(市)松崎和多五郎八王子(市)鵡川[町]松本斗機蔵白糠[町]増田蔵六江戸時代槍奉行勇払蝦夷火消

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八王子千人同心の関連情報