コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八王子織物 はちおうじおりもの

百科事典マイペディアの解説

八王子織物【はちおうじおりもの】

江戸時代から八王子東京都八王子市)を中心に生産された織物総称八王子織ともいい,大まかな縞柄から絹縞と称されたため,その取引市場を縞市,扱う商人を縞買とよんだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちおうじおりもの【八王子織物】

東京都八王子市を中心に生産される織物の総称。江戸時代の中期,享保(1716‐36)のころ,江戸の集荷市場として縞市(しまいち)(織物市)が立ちはじめ,青梅柳条(りゆうじよう)(縞)や袴地の八王子平があらわれた。18世紀後半の天明(1781‐89)から寛政(1789‐1801)にかけて盛んになり,津久井の川和織(縞),五日市黒八丈,甲斐の郡内織などが市場に出回った。織物技術の急速な進歩と品種の増加から,周辺農村に商業的農工業である養蚕,製糸,機業の3部門の地域的分業が発生し,八王子宿,北西の恩方,伊奈,五日市などが機業地域となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八王子織物
はちおうじおりもの

東京都八王子市を中心として生産される織物の総称。とくに絹着尺地(きじゃくじ)が主体で、紋ウールお召(めし)、多摩結城(ゆうき)などが知られていたが、ウール着尺地へと転換し、このほか、ネクタイやマフラーなどの雑貨類も生産している。この地は平安時代ころから農家の副業として織布が行われ、鎌倉時代には滝山紬(つむぎ)の名で知られた。正徳(しょうとく)年間(1711~16)以後は、桐生(きりゅう)、足利(あしかが)などの先進機業地から製織技術を導入して専業化し、機屋(はたや)仲間も組織され、関東三機業地の一つとなり、江戸中期より末期にかけて、黒八丈、青梅縞(おうめじま)、上田縞、川和(かわな)縞、郡内縞、黄八丈、博多帯(はかたおび)などの生産が知られていた。大正から昭和にかけて、銘仙を中心とした大機業地であったが、現在では、着物需要の減少とともに、今後はファッションに力を入れ、洋服地生産に活路をみいだすべく努力している。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八王子織物の関連キーワード八王子[市]中村喜一郎菅沼 政蔵絹織物

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android