公家悪(読み)クゲアク

世界大百科事典 第2版の解説

くげあく【公家悪】

歌舞伎の役柄の一つ。敵役の中で,皇位を簒奪(さんだつ)しようとする高位の公家の悪人の役。《菅原伝授手習鑑》の藤原時平(しへい),《妹背山婦女庭訓》の蘇我入鹿(そがのいるか),《暫(しばらく)》の平将門(まさかど)など。いずれも青黛(せいたい)をつかって〈公家荒(くげあれ)〉という隈を取る。金冠白衣を着し,長髪の鬘〈王子〉をつける。超人的な異様な力を持つ役であることが,この扮装にはっきりと表れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くげあく【公家悪】

歌舞伎の役柄の一。公家の敵かたき役。藍色あいいろを主調とする隈くまをとり、超人的で冷酷な性格をもつ。「暫しばらく」のウケなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くげ‐あく【公家悪】

〘名〙 歌舞伎で、公家の悪人として登場する役。「菅原伝授手習鑑」の時平(しへい)や、「妹背山婦女庭訓」の入鹿(いるか)の類。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「土民とは公家悪のいふ言葉也」
※随筆・耳嚢(1784‐1814)二「享保の初に山中平九郎といへる戯場役者有りしが、公家悪(クゲアク)の上手にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公家悪の言及

【敵役】より

…代表的な役は《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の仁木弾正,《仮名手本忠臣蔵》の師直,《時桔梗出世請状》の光秀など。〈公家悪(くげあく)〉は公家の悪人で,多く藍隈などで顔をいろどり,陰険な無気味さをもつ。《菅原伝授手習鑑》の〈車引〉の時平や《妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)》の蘇我入鹿,《暫(しばらく)》のウケなど。…

※「公家悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公家悪の関連情報