コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現れる〔現われる〕/表れる〔表われる〕/顕れる アラワレル

デジタル大辞泉の解説

あらわ・れる〔あらはれる〕【現れる〔現われる〕/表れる〔表われる〕/顕れる】

[動ラ下一][文]あらは・る[ラ下二]
(現れる)今までなかったものが姿を見せる。「彗星(すいせい)のごとく―・れる」「雲間から太陽が―・れる」
(表れる)隠れていたものが表面に出てくる。感情・思想などが表面から知られる状態になる。「怒りが顔に―・れる」「彼の考えがよく―・れた文章」
(現れる)隠れていたものが際立って見えてくる。知れわたる。「真価が世に―・れる」
(顕れる)よくないことが公になる。発覚する。「悪事が―・れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

現れる〔現われる〕/表れる〔表われる〕/顕れるの関連キーワード天から降ったか地から湧いたかミューテーションヒッグス機構夢枕に立つ速効性肥料降って湧く瑞祥・瑞象彗星の如く登場人物精霊蜻蛉前駆症状顔に出る因果覿面度数分布間葉細胞急性毒性透かし絵姿を現す分極電荷徐波睡眠

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android