コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六大 ろくだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六大
ろくだい

仏教用語。生きとし生けるものを構成する6種の要素。すなわち地,水,火,風,空,識をいう。また真言密教では,この6種の構成要素をすべての存在の本体と考え,それぞれに象徴的な字音や色彩などをあてその教理を展開している。 (→五大 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろく‐だい【六大】

仏語。万物の構成要素とされる、地・水・火・風・空・識の六種。真言密教ではこれを万有の本体とし、大日如来の象徴とする。六界(ろっかい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろくだい【六大】

〘仏〙 万物を構成している六つの要素。すなわち、地大・水大・火大・風大・空大・識大。主に密教で主張する考え。六界。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六大
ろくだい

地・水・火・風・空・識の六つの普遍的な存在。真言(しんごん)宗で説く万物の根源体。普通、仏教では万物の根源体とか創造主とかを説かず、無実体性とか空とかを真理と説く。しかし真言宗ではこの六大を万物の根源体であり、仏も衆生(しゅじょう)もその体性(たいしょう)は本来同一であるとする。ただし仏はこれを悟り、衆生はこれを悟らない。それゆえ、六大とは密号名字であるという。この六大は

とか、方・円・三角・半月・団形・雑形(ぞうぎょう)とかの種子(しゅじ)や形、色などで表示されるが、これらの区別は固定的ではなく、互いに相応しかかわり合っている(『六大無礙常瑜伽(むげじょうゆが)』)。この六大の形相面が4種曼荼羅(まんだら)、働きが三密(身・語・意)であり、空海『即身成仏義(そくしんじょうぶつぎ)』に詳しい。[吉田宏晢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の六大の言及

【四大】より

…人間の身体も四大または五大より成っているので,肉体のことを四大とも五大ともいう。また密教では認識作用の〈識大(しきだい)〉を加えて〈六大〉とし,一切万有・全宇宙の構成要素とする。【井ノ口 泰淳】
[西洋]
 西洋では四大とは,〈四大元素four elements〉すなわち土,水,火,空気を指す。…

【六界】より

…(1)宇宙の森羅万象を構成する六つの要素,すなわち地界,水界,火界,風界,空界,識界を六界といい,前5界は物質的要素,識界は精神的要素である。これらの6要素はあらゆる事物を構成するものであるから,〈六種の大なるもの〉すなわち六大(ろくだい)ともいわれ,むしろこの六大の方が術語としては広く用いられている。密教の〈六大縁起〉説は万有のあり方をすべて六大によって説明しようとするものである。…

※「六大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

六大の関連キーワードイーゲー・ファルベン[会社]金剛杖(こんごうじょう)ジャージー・シティプナタランサシ寺院アブー・ダーウードチノー族(基諾族)タマンアユン寺院イブン・マージャバトゥカウ寺院タナロット寺院明治天皇巡幸六法(法律)ゴアラワ寺院恵果阿闍梨クンブム寺イ(彝)族山地蕉窓毘首羯磨根本大塔大行政区

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六大の関連情報