六日市(読み)むいかいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六日市
むいかいち

島根県南西部,吉賀町東部の旧町域。高津川の上流にあたる吉賀川上流域にある。 1947年町制。 1954年朝倉村,蔵木村の2村と合体。 1956年七日市村を編入。 2005年柿木村と合体して吉賀町となる。かつて中心集落であった六日市は吉賀川の氾濫原に立地し,古くは山陰道山陽道を連絡する要地で宿場町,市場町として栄えた。農林業を主とし,高冷地野菜を栽培。一部は西中国山地国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六日市
むいかいち

島根県南西端、鹿足(かのあし)郡にあった旧町名(六日市町(ちょう))。現在は吉賀(よしか)町の東半分を占める地域。旧六日市町は、1947年(昭和22)町制施行。1954年朝倉、蔵木(くらぎ)の2村と合併、1956年七日市(なのかいち)村を編入。2005年(平成17)柿木(かきのき)村と合併して吉賀町となる。国道187号が通じる。山口県に接し、経済活動も山口県との結び付きが多い。近世は津和野藩領で、参勤交代路の宿場町、市場町として繁栄した。地域は森林面積が広く、山陰唯一のコウヤマキ自生林がある。北部は西中国山地国定公園に含まれ、安蔵寺(あぞうじ)山、シャクナゲの自然林、長瀬峡などがある。ワサビ・シイタケ・リンゴ栽培や高冷地野菜生産が進み、山陽地方や京阪神に出荷する。中国自動車道が通過し、六日市インターチェンジが設置された。注連川(しめがわ)地区の旧道面(どうめん)家住宅は19世紀初期の農家建築で、国指定重要文化財。[野本晃史]
『『六日市町史』2巻(1981、1988・六日市町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六日市の関連情報