六日年越し(読み)むいかとしこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六日年越し
むいかとしこし

正月6日に行われた正月行事の一つ。神年越し,女の年越しの年越しなどという地方もあった。この夜の行事大みそかに似たものが多く,麦飯を食べ,沢がにをちがやのに刺して戸口にはさむ地方,「蘇民将来」と書いたを戸口に張る地方や,ひいらぎなどとげのある木のを戸口に差したり,かに年取りといってかにを食べ,そのを戸口に差したりする地方もある。またこの夜,翌日の七草粥に入れる七草まな板に載せ,神棚の前で包丁でたたきながら,「七草なずな,唐土の鳥と日本の鳥と,渡らぬ先に…」などと唱える行事は,東京でも近年まで行われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むいか‐としこし【六日年越し】

正月7日を7日正月といい、その前夜を年越しとして祝うこと。 新年》「あたたかに―よき月夜/白水郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むいかとしこし【六日年越し】

1月6日夕方から7日にかけてをいう。〈神年越し〉〈馬の年越し〉などともいう所もある。1月7日は元日正月の終りだとも十五日正月の始まりだとも考えられるが,また,江戸時代には五節供の一つ(人日(じんじつ))として重要な節日と考えられており,そのためか七日正月とも呼ばれている。したがって前夜は,大晦日や十四日年越し・節分などとともに年越しとされている。七日正月朝の七草粥は全国的であるが,準備はすでに六日年越しから始まっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報