コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年越し としこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年越し
としこし

年の境。また新年前夜やそのときの行事暦法の改変によって,12月末日,小正月の前夜,節分つまり立春の前夜などと,年の境の期日は移動している。この日は,年縄,年棚,鏡餅などの正月飾りをすませ,門松も立て終り,歳神を迎える準備を整えて鎮守に行って年籠りをするとか,家々ではいろり大火を焚いて起き明かすなどの行事を行なった。寺では除夜の鐘を打つ。正月はもとは盆と並ぶ祖霊祭の機会であったが,めでたい祭りと考えるようになったため,暮れのうちに魂祭をすませるところが多い。神社では大祓 (おおはらえ) をする。昔は太陽が沈んでから次に沈むまでを1日としたので,年越しの夜はすでに正月に入っており,そのため夕飯がすんでからあらためて正式食事の膳につくことがある。これが年越膳で,今日では形ばかりの尾頭つきの魚を食べたりする。また,江戸で流行した年越そばを食べる習慣が根づいて一般化している。なお,単にごちそうを食べる日を何々年越しと呼ぶこともあり,七草の前日を六日年越しなどと呼ぶのはその一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とし‐こし【年越し】

[名](スル)
旧年から新年に移ること。また、その変わりめの、大晦日(おおみそか)の夜。「旅行先で年越しする」 冬》
節分の夜。また、その夜に行う行事。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

年越し【としこし】

新年を迎える夜の行事。普通は大晦日(おおみそか)の夜であるが,立春・七日正月・十五日正月の前夜をいうこともある。年神を迎えるために物忌(ものいみ)をし,終夜起きているのが古い形であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

としこし【年越し】

オオトシ(大年),トシノヨ(年の夜)などともいう。1年の境目の大晦日の夜のことで,年の改まりに際しての年神祭や年重ねに関する行事がある。古くは1日の境は夕暮れどきにあったといわれるが,年越しの行事も多くは大晦日の夕方から始まる。すでにすす払いも終わり,しめ縄をも引き回した屋内に年神を迎え,年棚に神酒,餅,魚,野菜などを供えて,その前で家族揃って正式の食事をする所がかつては多かった。元日朝にはその神饌を下げて家族一同でいただくことによって年神の霊威が各人の身につき,新しい年を一つ加えることができると考えられていたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

としこし【年越し】

( 名 ) スル
大晦日おおみそかを過ごし正月を迎えること。また、大晦日の夜。 [季] 冬。
節分の夜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の年越しの言及

【正月】より

…暦の上での1年の切れめを祝う新年の行事。新年を迎えることを,年取り,年越しともいう。大晦日から元日にかけての行事に主体があるが,ほぼ1月いっぱい続く。…

【除夜】より

…大晦日の夜。年の夜,大年,年越しなどともいう。神社では大祓(おおはらえ)といって人形(ひとがた)に託して罪穢を流し,寺院では百八煩悩の鐘をつき鳴らす。…

【六日年越し】より

…1月6日夕方から7日にかけてをいう。〈神年越し〉〈馬の年越し〉などともいう所もある。1月7日は元日正月の終りだとも十五日正月の始まりだとも考えられるが,また,江戸時代には五節供の一つ(人日(じんじつ))として重要な節日と考えられており,そのためか七日正月とも呼ばれている。…

※「年越し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

年越しの関連キーワードダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!Silvester concertジャニーズカウントダウンライブ中ソ友好同盟相互援助条約失業した時の健康保険十四日年越し大根の年取り縁切り蕎麦年越し詣で三十日蕎麦穂垂れ節供こうしめしはやり正月年取り魚牡蠣蕎麦運気蕎麦鬼打ち木高谷重夫小豆粥年取り

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年越しの関連情報