コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵糧米 ヒョウロウマイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうろう‐まい〔ヒヤウラウ‐〕【兵糧米】

戦時の兵糧に当てる。特に中世、その目的で諸国に課徴した米。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうろうまい【兵糧米】

兵乱時に、武士に供給される米。
中世内乱期、歴代の武家政権が兵糧補給の名目で荘園・国衙領を問わず一律に課した臨時税の一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兵糧米の関連キーワード東廻海運(東回海運)戦国時代(日本)大沢四郎右衛門文禄・慶長の役源平の合戦太閤蔵入地北条時政嶋井宗室神屋宗湛浅草御蔵護良親王豊島有経島井宗室鎌倉幕府武家政権クチナシ楠木正成浜中良亮兵粮料所平宗盛

兵糧米の関連情報