コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田啓介 おかだ けいすけ

8件 の用語解説(岡田啓介の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡田啓介

軍人・政治家。福井県生。海軍大将・軍事参議官となり、のち海相・首相となる。二・二六事件の時首相であったが難を逃れた。内閣総辞職後重臣となり、首相の銓衡にあたった。昭和27年(1952)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかだ‐けいすけ〔をかだ‐〕【岡田啓介】

[1868~1952]軍人・政治家。海軍大将。福井の生まれ。田中斎藤両内閣の海相。のち、首相。二・二六事件首相官邸を襲撃されたが、あやうく難を逃れた。事件後に内閣は総辞職した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡田啓介【おかだけいすけ】

海軍大将。福井藩士の子。第1次大戦中より海軍中枢部の要職を歴任,田中義一斎藤実内閣の海相。1934年組閣したが,軍部の進出をおさえられず,二・二六事件で襲撃され危うく助かる。
→関連項目重臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田啓介 おかだ-けいすけ

1868-1952 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
慶応4年1月21日生まれ。海軍大将。海軍次官,連合艦隊司令長官などをへて,昭和2年田中義一内閣,7年斎藤実内閣の海相をつとめる。9年首相。二・二六事件で襲撃され助かるが,内閣は総辞職。日米開戦回避に努力し,開戦後は東条内閣打倒工作の中心となった。昭和27年10月17日死去。84歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。海軍大学校卒。著作に「岡田啓介回顧録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだけいすけ【岡田啓介】

1868‐1952(明治1‐昭和27)
満州事変前夜から敗戦まで海軍長老,首相,重臣として海軍を背景に調停的役割を果たした軍人政治家。福井藩士の出身。海軍兵学校(15期),海軍大学校を卒業し日清戦争に参加。第1次世界大戦中より海軍中央部の要職を歴任し1923年次官,24年大将となる。田中義一内閣の海相となったのちロンドン軍縮会議では浜口雄幸内閣と海軍との間を斡旋して条約成立にこぎつけ,元老西園寺公望の信任を得た。次いで斎藤実内閣の海相となったが,33年退任,後備役。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかだけいすけ【岡田啓介】

1868~1952) 軍人・政治家。福井県生まれ。海軍大将。連合艦隊司令長官。田中・斎藤内閣の海相。1934年(昭和9)首相。二・二六事件で首相官邸を襲撃され、あやうく難をのがれたが、総辞職。のち、東条内閣退陣工作の中心となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田啓介
おかだけいすけ

[生]明治1(1868).1.20. 若狭
[没]1952.10.17. 東京
海軍軍人,政治家。父は福井藩士。二・二六事件時の首相。 1889年海軍兵学校,93年海軍大学校卒業。 1924年大将となり,海軍軍事参議官,第1艦隊司令長官兼連合艦隊司令長官を経て,27年田中義一内閣および 32年斎藤内閣海軍大臣となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田啓介
おかだけいすけ
(1868―1952)

大正・昭和時代の海軍軍人、政治家。慶応(けいおう)4年1月20日若狭国(わかさのくに)(福井県)に生まれる。1889年(明治22)海軍兵学校卒業。海軍大学校を経て日清(にっしん)、日露の両戦争、第一次世界大戦に従軍。1924年(大正13)海軍大将となり、同年より1926年まで連合艦隊司令長官。1927年(昭和2)には田中義一(たなかぎいち)内閣の、ついで1932年には斎藤実(さいとうまこと)内閣の海軍大臣として入閣。1934年に内閣総理大臣に任命された。1936年の二・二六事件で襲撃され、同郷人で義弟の松尾伝蔵大佐の身代りによりからくも難を逃れたが、内閣は総辞職した。その後謹慎していたが、1937年4月前官礼遇となり重臣の列に加わった。日米開戦には消極的姿勢を示し、開戦後は東条英機(とうじょうひでき)内閣打倒運動の中心となった。鈴木貫太郎内閣の書記官長迫水久常(さこみずひさつね)は女婿である。昭和27年10月17日死去。[横関 至]
『馬場恒吾著『政界人物評論』(1935・中央公論社) ▽岡田啓介述『岡田啓介回顧録』(1950・毎日新聞社) ▽岡田大将記録編纂会編・刊『岡田啓介』(1956・非売品) ▽仙石進著『巨木は揺れた――岡田啓介の生涯』(1994・近代文芸社) ▽上坂紀夫著『宰相岡田啓介の生涯――2・26事件から終戦工作』(2001・東京新聞出版局) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書22 岡田啓介』(2006・ゆまに書房) ▽岡田啓介著、岡田貞寛編『岡田啓介回顧録』改版(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田啓介の関連キーワード張景惠満州事変宵越し新興コンツェルン満州開拓団満蒙開拓県内の出征兵士元士官による海軍反省会片倉衷五族協和

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡田啓介の関連情報