コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与える アタエル

2件 の用語解説(与えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あた・える〔あたへる〕【与える】

[動ア下一][文]あた・ふ[ハ下二]
自分の所有物を他の人に渡して、その人の物とする。現在ではやや改まった言い方で、恩恵的な意味で目下の者に授ける場合に多く用いる。「子供におやつを―・える」「賞を―・える」
相手のためになるものを提供する。「援助を―・える」「注意を―・える」
ある人の判断で人に何かをさせる。
㋐相手に何かができるようにしてやる。配慮して利用することを認める。「発言の自由を―・える」「口実を―・える」
㋑割り当てる。課する。「宿題を―・える」「役割を―・える」
影響を及ぼす。
㋐相手に、ある気持ち・感じなどをもたせる。「感銘を―・える」「いい印象を―・える」「苦痛を―・える」
㋑こうむらせる。「損害を―・える」
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→与ゆ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あたえる【与える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 あた・ふ
自分の所有する物を目下の相手に渡しその者の物とする。やる。授ける。 「子供におもちゃを-・える」 「家畜にえさを-・える」 〔古くは目上の相手に渡す場合にも使われた〕
時間・条件など相手が利用できる状態にしてやる。 「弁明の機会を-・える」 「部下に権限を-・える」
相手にそれを課す。 「生徒に課題を-・える」
他者に何らかの影響を及ぼす。 「聴衆に感銘を-・える」 「ショックを-・える」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与えるの関連キーワード着替える浚える復習える為終える供える出迎える称える横たえる分け与える為違える

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与えるの関連情報