コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分筆 ブンピツ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐ぴつ【分筆】

[名](スル)土地登記簿上、一筆(いっぴつ)の土地を分割して数筆の土地とすること。⇔合筆(がっぴつ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分筆【ぶんぴつ】

土地登記簿の上で甲という〈一筆の土地〉を分割して甲乙等の数筆の土地にすること。これに対して数筆の土地を合わせて一筆の土地とすることを合筆(がっぴつ)という。いずれも登記所への所有者の申請によって自由になしうる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

リフォーム用語集の解説

分筆

土地登記簿上の一つの土地(一筆)を複数の土地(数筆)に分けて登記すること。その逆の場合を合筆(がっぴつ)という。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんぴつ【分筆】

( 名 ) スル
土地登記簿上、一筆の土地をいくつかに分割すること。 ↔ 合筆がつぴつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぶんぴつ【分筆】

登記簿上で1区画(1筆(いっぴつ))の土地を2つ以上に分割すること。所有者が登記所に申請して行う。⇔合筆(がっぴつ)

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分筆
ぶんぴつ

登記簿のうえで、一筆(いっぴつ)の土地を分割して、数筆の土地にすること。所有者は、土地台帳を所管する登記所へ申告することにより、これを自由になしうる。登記官は、分筆登記の申請がない場合であっても、不動産登記法第14条1項の地図を作成する必要があると認めたときは、登記簿の表題部所有者または所有権の登記名義人の異議がないときに限り、職権で分筆の登記ができる(不動産登記法39条3項)。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分筆の関連情報