コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純系説 ジュンケイセツ

デジタル大辞泉の解説

じゅんけい‐せつ【純系説】

デンマークの生物学者ヨハンセンが唱えた遺伝学上の学説。生物の集団純系になってしまうと、選択は無効になり、ダーウィンの選択説が成立しなくなるというもの。近代遺伝学に大きな影響を与えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんけいせつ【純系説 pure‐line theory】

集団の構成が雑多であるときには選抜によって一定の方向に変異をかたよらせることができるが,集団が純系に近づけば,内部には環境による変異のみが存在し,選抜は無効であるという説。W.L.ヨハンセン(1903)がインゲンマメの重量に関する選抜実験を基に提唱した。市販のマメの重さを測定すると連続的な変異を示すが,これをいくつかの階級に分け,その子孫のマメの重さを測ると重い階級の子孫の平均は全体の平均より重く,軽い階級の子孫の平均は軽かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんけいせつ【純系説】

一つの純系の中から、変異個体を選択し自家受精させても、その子孫は親系統と同じ変異を示すので、純系に対する選択は無効であるとする説。デンマークのヨハンセン(W. L. Johannsen1857~1927)が唱えた説でメンデル遺伝学の基礎となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

純系説の関連キーワードW.L. ヨハンセン安藤広太郎デンマーク分離育種

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android