コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列異伝 れついでん Lie-yi-zhuan

2件 の用語解説(列異伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

列異伝
れついでん
Lie-yi-zhuan

中国の志怪小説集。曹丕 (→文帝) の著といわれる。神鬼奇怪のことを記した説話を集めたもので,もと3巻あったとされるが,原書は早く失われた。現存する約 50条の説話のなかには曹丕死後の事件を扱ったものが含まれており,書目によっては晋の張華の作とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

列異伝
れついでん

中国、魏(ぎ)代の説話集。『隋(ずい)書』経籍志によれば、三巻、魏の文帝曹丕(そうひ)(187―226)の著とされるが、晋(しん)の張華の著とする説もある。現存する『列異伝』の話のなかには曹丕の死後の事件の記録がみえるが、張華の著とする積極的な根拠もない。曹丕の著とすれば、三国・六朝(りくちょう)時代に流行した志怪(しかい)書の先駆ということになるし、また、天子の位についた者が、志怪書の作者として伝えられることも注目に値する。完本は伝わらず、魯迅(ろじん)が『古小説鉤沈(こしょうせつこうちん)』のなかに五十余条を収集。そこには、現世と幽界、人間と幽鬼の交渉、金銀や古い道具の精怪の起こす怪異など、初期の志怪書特有の説話や挿話が多くみえる。[竹田 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

列異伝の関連キーワード閲微草堂筆記志怪曹丕志怪小説典論魔法の樽模範小説集豆腐小僧その他《スペイン現代小説集》《模範小説集》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone