コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期独占 しょきどくせん early monopoly

1件 の用語解説(初期独占の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょきどくせん【初期独占 early monopoly】

経済学でいう独占は資本主義の高度な発達の結果19世紀末以降先進諸国で形成されたが,限られた市場で収益の機会を独占しようという試みはずっと古くからあった。特に資本主義の発達の初期に当たる絶対王政期には,産業資本の競争に対して営利機会の独占を図る旧型の政商資本と新財源を求める王権の利害とが一致して,多数の独占が形成された。これが初期独占で,生産の集積と集中という最新型の産業独占に対して本質的に買占的独占であり,多数の小生産者に対する商業資本の支配という商業独占である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

初期独占の関連キーワード経済学国家独占資本主義修正資本主義スウィージーゾンバルト独占資本主義経済法日本資本主義発達史講座宇佐美誠次郎堀江英一

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone