別儀/別義(読み)ベチギ

デジタル大辞泉の解説

べち‐ぎ【別儀/別義】

べつぎ(別儀)」に同じ。
「いや、―もござりませぬ」〈伎・壬生大念仏

べつ‐ぎ【別儀/別義】

ほかのこと。別のこと。余の儀。「お願いの筋は―ではない」
考慮に入れなければならない特別の事情。別状。
「今度ばかりは―を以てゆるし申すなり」〈太平記・三八〉
(打消しの語を伴って)都合の悪い事。さしさわり。支障。
「久兵衛さへ合点なら、身共に―ござらぬと」〈浄・八百屋お七

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べつぎ【別儀】

〔古くは「べちぎ」とも〕
ほかのこと。別事。 「君を呼び出したのは-ではない」
特別の理由。特別の事情。
〔「別義」とも書く〕 別の意味。
(下に打ち消しの語を伴って)さしつかえ。 「久兵衛さへ合点なら、身共に-ござらぬと/浄瑠璃・八百屋お七」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べち‐ぎ【別儀】

〘名〙 (「べち」は「別」の呉音)
① =べつぎ(別儀)〔文明本節用集(室町中)〕
② 抹茶の茶銘の一つ。腋芽のみで製したもの。
御伽草子・酒茶論(古典文庫所収)(室町末)「まつぼのうちにとりこもり、〈略〉極上別の御ちゃをも色をもさらにわきまへず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android