コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別儀/別義 ベチギ

デジタル大辞泉の解説

べち‐ぎ【別儀/別義】

べつぎ(別儀)」に同じ。
「いや、―もござりませぬ」〈伎・壬生大念仏

べつ‐ぎ【別儀/別義】

ほかのこと。別のこと。余の儀。「お願いの筋は―ではない」
考慮に入れなければならない特別の事情。別状。
「今度ばかりは―を以てゆるし申すなり」〈太平記・三八〉
(打消しの語を伴って)都合の悪い事。さしさわり。支障。
「久兵衛さへ合点なら、身共に―ござらぬと」〈浄・八百屋お七

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べつぎ【別儀】

〔古くは「べちぎ」とも〕
ほかのこと。別事。 「君を呼び出したのは-ではない」
特別の理由。特別の事情。
〔「別義」とも書く〕 別の意味。
(下に打ち消しの語を伴って)さしつかえ。 「久兵衛さへ合点なら、身共に-ござらぬと/浄瑠璃・八百屋お七」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

別儀/別義の関連キーワード茶銘濃茶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android