コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別所梅之助 べっしょうめのすけ

5件 の用語解説(別所梅之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別所梅之助
べっしょうめのすけ

[生]明治4(1871).12.12. 東京
[没]1945.3.2. 東京
日本メソジスト教会の牧師。 1887年受洗。東京英和学校 (青山学院の前身) 神学部卒業後,豊橋,川越のメソジスト教会で伝道。 97年より山路愛山のあとをうけて『護教』の編集,経営にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

別所梅之助【べっしょうめのすけ】

メソディスト派の牧師,国文学者。東京出身。メソディスト派機関誌《護教》の主筆をつとめ,また青山学院で国文学を教えた。新教賛美歌編集,聖書改訳の委員等を歴任。著書《聖書植物考》《聖書動物考》《聖書民俗考》等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別所梅之助 べっしょ-うめのすけ

1872*-1945 明治-昭和時代前期の牧師。
明治4年12月12日生まれ。20年洗礼をうける。豊橋,川越のメソジスト教会牧師をへて,機関誌「護教」の主筆となる。33年青山学院教授。「讃美歌」の歌詞の改訂,「新約聖書」の改訳につとめた。昭和20年3月1日死去。75歳。東京出身。東京英和学校(現青山学院大)卒。著作に「聖書動物考」「聖書植物考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

べっしょうめのすけ【別所梅之助】

1871‐1945(明治4‐昭和20)
日本メソディスト教会牧師。青山学院神学部を卒業,宣教に従ったのち1897年メソディスト派の機関誌《護教》の主筆,1900年青山学院の教授となる。新約聖書の改訳や賛美歌の改訂の委員となり,その達成に努めた。キリスト教界の文章家として名高く,《武蔵野の一角に立ちて》(1915),《聖書動物考》(1920),《聖書植物考》(1921),《聖書民俗考》(1933)などの著作がある。【波多野 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別所梅之助
べっしょうめのすけ
(1871―1945)

プロテスタント・メソジスト派牧師、青山学院大学教授。東京生まれ。メソジスト系機関誌『護教』主筆。日本人の賛美歌を創造することに心血を注ぎ、『さんびか』(1903)、『讃美歌(さんびか)第二編』(1909)、『讃美歌』(1931)、『青年讃美歌』(1941)など数々の日本語賛美歌の改訂・編集に主導的役割を果たした。また、1917年(大正6)『新約聖書』の改訳にも委員として尽力した。博識をもって知られ、著書に『武蔵野(むさしの)の一角に立ちて』(1915)、『聖書動物考』(1920)、『聖書植物考』(1921)などがある。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の別所梅之助の言及

【賛美歌】より

…アメリカにおいても創作賛美歌が盛んで,19世紀に数々の名曲を残すとともに,福音唱歌(ゴスペル・ソング)や黒人霊歌が生み出された。 日本の賛美歌は,1874年(明治7)に最初の賛美歌集が現れて以来,急速な進を遂げ,1903年〈賛美歌委員会〉が組織され,国文学者,別所梅之助(1871‐1945)やイギリスの宣教師G.オールチン(1852‐1935)らによって従来各派で別途に編集されていた歌集が一本化されて,全483編を収録した《さんびか》が誕生した。時代の要請とともに津川主一(1896‐1971)らによって31年大幅な増補改訂が行われた《賛美歌》が出版され,この版には日本語の創作詩,日本人の作曲も初めて収録された。…

※「別所梅之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

別所梅之助の関連キーワード青山学院大学関西学院大学高木壬太郎日本メソジスト教会青山学院北島艶気賀重躬比屋根安定真鍋頼一武藤健

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone